東カレ読者の実態 Vol.14

「社内恋愛を経験したことがありますか?」東カレ読者に聞いた、驚くべき実態を大公開!

先日実施した「教えてください、あなたの社内恋愛事情」のアンケートへ回答いただき、ありがとうございました!

なかなか刺激的なお答えもあり、東カレ読者はドラマティックな社内恋愛をしていることが解る回答ばかり。今回はどういった社内恋愛が多いのかを紹介していきます!

有効回答数:277
男女比:男性19.1%、女性80.9%

Q.社内恋愛を経験したことがありますか?


なんと80%以上の人が社内恋愛を経験!

男女ともに80%以上の人が社内恋愛を経験したことがある結果に。やはり1日の半数を一緒に過ごせば、嫌でも恋愛対象として意識してしまうのだろうか?

実際にテレビドラマでも社内恋愛をモチーフしたものは多く『医師たちの恋愛事情』『東京ラブストーリー』、広告代理店が舞台となった『サプリ』やIT企業の社長に恋する『リッチマン、プアウーマン』など、様々な職種で繰り広げられている。

ではどういった職種に社内恋愛が多いのだろうか。アンケートを元にランキングを発表していく!

3位:金融業界

金融業界といっても銀行、証券、保険会社など幅広いが、コンサバティブな昔ながらの金融系の職場では、よく聞く「エースプレイヤーに職場結婚してもらって、長く残ってもらう」という文化が、まだまだ生き残っているようだ。
奥さん候補を採用することで優秀な人材をキープし、会社の基盤も安定するという考え方が金融業界には多いと言われている。

元来、生真面目な人が多いであろう男性陣も、彼女を作ることができれば嬉しいだろうし、女性もハイスペックなエリートを旦那にできるので両者ウィンウィンの仕組み。また仕事の大変さを理解してくれているので、自然と結ばれやすいのかもしれない。

2位:IT業界

さきほど紹介した『リッチマン、プアウーマン』や、2005年に放送された草なぎ剛主演の『恋におちたら~僕の成功の秘密~』などIT業界が舞台の恋愛ドラマは以外にも昔からある。

とにかく勤務時間が長いIT業界。納期が迫ったり、システムの不具合があれば長時間の残業や休日出勤が当たり前となるため、下手すると24時間、ほぼ同じ時間を過ごす。月単位で区切りがあるわけではなく、開発中のシステムの品質の状況によっては、先の予定が読めないため、何かあれば問答無用で対応を求められるこの業界。

それによって恋人との約束を断ることもありがちなので、いつも一緒にいる職場の人との交際が多発するのだろう。
IT業界自体は比較的新しい業界ではあるため、気風としては自由な会社が多く、上下関係が厳しいわけはない。そのため距離が縮まりやすく、恋が生まれるという点もあるのかもしれない。

【東カレ読者の実態】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ