ランチデートから二軒目のバーまで!誘われたら嬉しい大人のデート店8選

丸ビル35Fからは、晴れの日はもちろん雨の日は幻想的な都心の景色が楽しめる

絶景に思わずうっとり『サンス・エ・サヴール』

丸の内/フレンチ

世界中の美食家を魅了し続ける南仏・モンペリエ『ル・ジャルダン・デ・サンス』の東京店。店名はフランス語で五感の追求を意味する。

モダン・キュイジーヌの先駆者プルセル兄弟の下で研鑽を積んだ鴨田猛シェフにも、その精神は受け継がれている。陸と海の食材をひと皿にのせる「テール・エ・メール(大地と海)」の手法もそのひとつ。

「オーストラリア産仔羊ロース肉のロティとケフタドライフルーツのチャツネを添えて 新牛蒡のデュクセル とろけるジャガイモのラヴィオリ ヘーゼルナッツのプラリネのアクセント タイムの香るジュー・ダニョー」(ディナーコースの一例)

素材の色や形を活かし、立体的に盛り付けたひと皿はアートのような輝きを放つ。山椒や三河みりんなど日本の伝統的な香辛料や調味料を使い、繊細で軽やかな香りや味を引き出すのは鴨田シェフの真骨頂。

定評あるワインは200種類以上。ソムリエ厳選のグラスワインも充実し、料理とのマリアージュを楽しめる。グランメゾンにありがちな堅苦しさがないのも魅力。事前に相談すれば、デートやプロポーズのロマンティックな演出をサポートしてくれる。

「燻製フォワグラのテリーヌ 万願寺唐辛子と名荷のピペラード 千葉県市原市コリンキーファームから届いたBIOサラダ フレッシュパパイヤのアクセント」(ディナーコースの一例)

皇居の緑が一望できるバーコーナー。待ち合わせや食後酒が楽しめる

遅い時間でもしっかりと食事もできる

あえて下町というチョイス!『バール ヴェール』

浅草/ワインバル

2017年7月でオープン2周年。浅草の吾妻橋交差点そばと絶好のロケーションにありながら、ビルの2階で隠れ家的な雰囲気が漂う。店内はカウンター7席とテーブル10席で、お1人様の利用も多く、グラスワイン600円~(税別)は常時10種前後を用意。

料理はフレンチ・イタリアンがベースで、特に肉料理が自慢。牛・豚はもちろん、鳩やキジ、蝦夷鹿など季節のジビエも楽しめる。

グルメな彼女を相手に恵比寿・表参道なんて問題外!ここはなかなか足を運びにくい、下町エリアを“あえて”選んでみては?

「本日のジビエ」1,300円~(税別・以下同)。写真は「鹿のカルパッチョ」

ボトルワインは約40種で珍しい銘柄やスパークリングも豊富に揃う

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo