銀座だけど堅苦しくない接待に!気軽に使えてビジネスに効く店4選

全8品8,640円コースより一例。「黒毛和牛の炭火焼き」(手前)、「三重県産大アサリの深川焼き」(右中央)など

和と洋が見事に融合した新感覚和食『創作和食 銀座 KUSHIMA』

再開発の進む銀座の街。2015年9月、リニューアルオープンした「EXIT MELSA」の中にも、新たな名店が誕生した。店に入るとまず目を引くのは、ダークブラウンを基調とした落ち着きある内装。モダンなデザインの照明が配置され、スタイリッシュな空間を創り出している。

料理長の熊田淳司氏が作るのは、築地から仕入れた旬の魚介や新鮮な野菜を使った創作和食。「当たり前のことを当たり前にやっているだけ」と話す熊田氏だが、そのこだわりには驚かされる。

魚は天然モノだけ、肉は国産のみを扱い、料理に化学調味料は一切使わない。「前菜」に注目しても、塩辛や湯葉豆腐など、6つの小鉢を全て一から手作りするという。器と盛り付けも、こだわりの一つ。和食でありながら、あえて洋食器を用い、彩り豊かな盛り付けで供するのである。

「久保田 三十周年記念 純米大吟醸」1杯1,780円など、数量限定の希少な日本酒に出会えるかも

ここでぜひ味わいたいのは「黒毛和牛の炭火焼き」4,800円。A5ランクの黒毛和牛を備長炭で焼き上げ、肉本来の旨味・甘味を引き出した逸品だ。

合わせる酒には利き酒師が厳選した14種の日本酒も魅力的だが、10種が揃う国産ワインやウィスキーをおすすめしたい。店のテーマでもある、「和」と「洋」の絶妙なマリアージュが楽しめるだろう。

左.アラカルトより「キス・メゴチの新引き揚げ 梅ソース」1,800円(手前)と「本日の前菜」1,800円(奥)
右.世界的な建築家フランク・ロイド・ライトが設計した照明がゲストの特別な時間を演出してくれる

BGMにジャズが流れる心地よい大人空間。接待や記念日の食事にも最適な完全個室も備えている

四季折々の食材が、料理人の技と器、空間の演出で一つの料理に。カウンターではその臨場感を存分に味わえる

匠の技をカウンターで目近に愉しむ『銀座割烹 里仙』

「五感を超えて、“八感”で愉しませる」がコンセプトの割烹料理店。焼き魚の“香り”やハモの骨を切る“音”が生み出す臨場感の中で、旬の高級食材を用いた至高の和食が味わえる。

通常の5コースのほか、6品8,640円と8品1万6,200円の「東京カレンダー特別コース」も用意。書や日本画で彩られた風雅な空間は、接待にも最適。大切な人をもてなす際にはぜひ利用したい。

左.和の趣の中で「グラン・クリュ・ブラン・ド・ブラン」ボトル3万1,500円を
右.天然銘木無垢一枚板のカウンターが特等席

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo