銀座だけど堅苦しくない接待に!気軽に使えてビジネスに効く店4選

ビジネスシーンでのお店選びは、大切な人とのデートの段取りに似ている。

立地、料理、ドリンク、雰囲気、接客、全てが上質であることはもちろん、重要な話ができる個室があることもポイントだ。今回は銀座で気軽に使えて、ビジネスを成功に導く魅力的なお店を紹介する。

気持ち良く過ごしてもらうために細心の注意を払って臨もう!

「博多炊き肉鍋」5,900円コースより、「炊き肉鍋」(手前)、「季菜(9品)」(左中央)、「矢部和紅茶」(右奥)など

名店の逸品。唯一無二の炊き肉鍋を銀座で味わう『金蔦 銀座』

博多・春吉に本店を構える『金蔦』。独創性に溢れる鍋料理「博多 炊き肉鍋」を看板に掲げる名店の東京2号店が、2015年11月銀座にオープンした。

「炊き肉鍋」とは、牛テールスープの中に肉や野菜を入れ、しゃぶしゃぶの要領で火を通して食すオリジナル料理。塩ベースとトマトベースの2種のスープをつけダレにして味わう。自家製の梅味噌をスープに溶けば、ピリッと辛く、よいアクセントとなり、いくらでも箸が進んでしまうだろう。

「本日の焼魚・煮魚」より「鮎塩焼き」時価(手前)と「キンキの煮付け」時価(中央奥)など

使う食材にも一切の妥協はしない。野菜は福岡野菜と東京の契約農家から直送されるもの。豚肉は鹿児島県産「黒宝豚」、牛肉は九州産黒毛和牛を使用している。

「九州の食材に合うのは、やはり九州の酒」と盛山貫行東京金蔦総料理長が語るように、酒も九州のものを多く取り揃える。西酒造の芋焼酎「宝山」や喜多屋の本格焼酎「空シリーズ」が並び、焼酎通も大満足のラインナップになっている。

「博多 炊き肉鍋コース」は4,900円(税別・以下同)~8,800円まで6種。「季菜から始まり、デザート・矢部和紅茶で終わる。コース全体を楽しんでほしい」と榊敏正銀座店料理長。旨い料理と酒、食後の余韻までも楽しませてくれる。この店にはおもてなしの精神が息づいている。

左.秘蔵酒「天使の誘惑」1杯1,480円(左)など、「宝山」シリーズを造る西酒造の芋焼酎が各種揃う。
右.シンプルモダンを感じさせるエントランス。カウンターには自慢の焼酎・日本酒・ワインなどが並ぶ

様々なニーズに対応できる個室を完備。窓の外は都心の夜景や電車を見下ろす絶好のロケーション

「ディナーBコース」7,020円より「シャラン産カモのロースト ハチミツと粒マスタードの香り焼き」(手前)と「海の幸と旬菜のアンサンブル」(奥)

37年間、常に進化を続けるフレンチの雄『パリの朝市』

銀座の地に創業37年目を迎えた老舗フレンチがある。オーナーシェフの本間賢氏が創り上げるのは、自ら厳選した旬の魚介や野菜をふんだんに使い、長年培った技と経験で素材の旨味を最大限に引き出した極上のフランス料理。

合わせるワインはフランス産のみ、30種類以上が並ぶ。ディナーコースは5,400円~。上質な料理・空間・サービスが揃う、大切な人とぜひ訪れたい名店である。

左.オーナーシェフの本間賢氏はこの道40年のベテラン
右.パリの街角にあるレストランをイメージした店内

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ