7月25日は土用の丑の日!一度は食べたい豪快うな重はこれだ!

  • 黄金色に輝く蒲焼きの周りにはう巻きと肝焼きが囲み、これに肝吸いと香の物付く、贅沢な内容となっている

  • 幻のうなぎをふんだんに使用した「きょうすいうな太郎」

  • うなぎ、タレ、白米による華麗なるハーモニーはまさに匠の店だから成し得る味わいだ!

  • 脂ののった三河一色産うなぎをローズソルトで焼き上げた「ひつまぶし(しお)」

  • 生のうなぎを強火で一気に焼き上げる地焼きにより、ぱりふわな仕上がりのうなぎに!

  • 1杯目はそのまま、2杯目は薬味をのせ、3杯目はお茶をかけ、様々な味わいが楽しめるのがひつまぶしの魅力だ!

  • うなぎを酢〆した珍しいメニュー「うなぎの酢〆うら梅造り」

  • 文字通りお酒が欲しくなる「うなぎとクリームチーズの酒盗和え」。現在、うなぎハムの提供となっております

  • 〆のスイーツにまでうなぎを使用した「うなアイスと季節のフルーツ」

  • 明治元年創業の鰻職人専門調理士会直営店「入谷鬼子母神門前のだや」

  • 大きなうちわを仰ぎながら焼き上げるうなぎは店の外までその香りが届き、通りゆく人々の胃袋をがっちりと刺激してくれる

もどる
すすむ

1/13

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo