伝説の店の料理長が放つ新店!あの究極パスタをカウンターの目の前で!

あの「料理の鉄人」で名をはせた北見博幸氏が新店をオープンし、話題を集めている。伝説の『バスタ・パスタ』で料理長を務めた後、自身の店『トラットリア ミキータ』経て、2016年4月に新店『ピアット キタミ』を開いたのだ。

料理の臨場感が伝わるオープンキッチンで味わえる伝説のシェフのイタリアン! 期待に胸を膨らませて訪れてみようではないか。

はにかんだような笑顔にファン多し! 優しそうなのだが実は空手は黒帯、プロボクサーだったことも!

伝説の店の料理長、北見シェフ

『バスタ・パスタ』といえば1980年代の“東京のイタリアン”界で超が3つ付くくらいの人気店。初代のシェフはかの山田宏巳氏。2代目料理長を務めた北見シェフのパスタはとりわけ独創的で、彼が作った桃の冷製パスタは多くの食通の舌を虜にしたものだった。

伝説のグルメ番組「料理の鉄人」や、「チューボーですよ」など、数多くのメディアに出演し、1999年、自身の店『トラットリア ミキータ』を青山に開く。2004年には2号店を代官山に、2013年に本店を青山から銀座に移転し『MIKITA 銀座』として再オープン。

そして今年4月、虎の門に料理人人生の集大成とするべく『ピアット キタミ』を作った。あのパスタがまた食べられるのか!と思うと否応なしに心が躍る。

オレンジの香りは口に入れて初めて気がつくほど。繊細かつ大胆な北見シェフにしか作れない「ペスカトーレ」

ひと味もふた味も違う絶品「ペスカトーレ」に悶絶!

この日は「スパゲッティペスカトーレ」を出してくれた。オマール、ずわい蟹、アワビ、ハマグリ、紋甲イカと、まさに海の幸のオンパレード。1,6mmのスパゲッティにトマトソースがよく絡む。

少しの辛みと魚介の出汁の旨み、トマトの甘み、そしてそれらを覆うようにオレンジの香りが包む。決してオレンジが主張するわけではなく、あくまでほんのりと爽やかさを感じるのが心地よい。なんだかクセになる味で次々と巻いてしまう。

ぷっくりとしたハマグリを口に入れると、ギュギュギュッと凝縮した独特の旨みが広がる。オマールはやわらかく、アワビはコリコリ、イカのしっとりとした弾力を楽しめる。これぞ名人芸!と言いたくなる絶品パスタだ。

暑い季節は冷製のパンナコッタとスパークリングからスタート。クールダウンして食欲も増してくる

スパークリングと合わせたい人気の前菜「豆乳のパンナコッタ イクラ添え」

前菜で人気なのが「豆乳のパンナコッタ」。旬のものを使い、味を変えて提供している。今の時期は枝豆。ざっくりとミキサーにかけ、豆のツブツブを残してあるので食感が面白い。

「豆をやわらかく煮るんですよ。そうしないとなめらかな豆乳と合わない。」と北見シェフ。

器の下の方からすくって豆乳、枝豆、イクラ、全部の味を一緒に食べる。豆の匂いとイクラの塩味の織りなすハーモニーにシェフのセンスがキラリと光る。冷たい喉越しはこの季節には最高の前菜だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ