とんこつラーメンに明太子!博多物産館の一番人気グルメを手に入れろ!

福岡・博多の物産店『ザ・博多 有楽町店』には、福岡名物のとんこつラーメンや明太子をはじめ、酒の肴にもぴったりの品が揃い踏み!

博多グルメの人気ベスト3と、ショップスタッフが薦める4品を紹介しよう。

「努々鶏 手羽中骨付 箱詰(中)250g」 (¥1,080)

第1位:冷やして食べる唐揚げ 努努鶏
温め厳禁!冷えているからこそ旨いわけとは?

メディアでも数多く紹介されている「冷やして食べる唐揚げ 努努鶏(ゆめゆめどり)」が堂々第1位!(有)鳥一番フードサービスが約30年前に開発した「努々鶏」は、今や博多の定番みやげ。

その一番の特徴は「冷やして食べる」ところ。では、その美味しさの秘訣とは?

唐揚げは、肉に下味を付け、衣をつけて、3~4分ほど揚げるのが一般的。しかし、努々鶏は下味を付けず、高温で長時間揚げた後にタレを絡めるという製法で作られている。この、よそではマネの出来ない製法により、冷やしておいしい唐揚げが誕生したのだ。

特製タレとスパイスが効き、はじめは甘口、あとからピリッと辛みも感じるお酒に合う一品だ。

お酒はもちろんご飯にも合う「炙り明太」(¥648/1箱80g)

第2位:博多あごおとし 炙り明太
皮の香ばしさと半生の明太の食感がクセになる!

辛子明太子「博多あごおとし」を販売する「魚匠庵」が手がけた「炙り明太」が第2位にランクイン。

「博多あごおとし」とは、オホーツク、ベーリング海で水揚げされたスケトウダラの卵を使用し、厳選した塩、数種類の唐辛子をブレンドした辛子調味液に漬けこみ作られるこだわりの一品。名前の由来は「あごが落ちるほど旨い」から付けられたという。

「博多あごおとし」を、サッと炙ったのがこちらの「炙り明太」だ。炙ることで皮のパリッとした食感と、半生状態の明太との絶妙な新食感が楽しめる品である。

「あまおうソフトクリーム」(¥400)※販売は10~19時

第3位:あまおうソフト
スイーツだって魅力的!九州原産あまおうの甘みを堪能

「博多といえば酒=肴が旨い」というのは、1位と2位を見ても分かる通り。しかし、スイーツだって負けてはいない。

『ザ・博多 有楽町』では「あまおうソフトクリーム」を販売。『池上農園』で採れたあまおうを使用した贅沢なソフトクリームで、イチゴのさわやかな風味とミルク風味が楽しめる。

ちなみにあまおうの名前の由来は「あかい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字からきている。福岡県限定生産の高級ブランドイチゴをソフトクリームでひんやり贅沢に味わってみては?

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ