駅から絶妙に距離があるから帰りに口説く時間が持てる!渋谷の本命デートレストラン6選

curated by
山本 憲資

渋谷通に自身のおすすめ店を紹介してもらう、こちらの企画(第1回はコチラ!)。今回は物欲刺激SNS「Sumally」CEOの山本憲資さんに登場を願った。山本さんは、このエリアにどんなイメージを持っているのだろうか。

「渋谷1・2・3丁目は、前の職場が近かったこともあり、昔から親しみのあるエリアなんです。いい店が多いですよね」。そんな山本さんに聞いたのは「本命デート」に使える店。

このエリアは、通りから店内の雰囲気が伺える店が極端に少なく大切な彼女をエスコートするなら、ちょっとした下調べは必要。そんななか、ピックアップしてくれたのは、ジャンルも雰囲気も異なる6軒。

「相手の好みとか、付き合いの長さとかによって、店を選ぶポイントは変わってくるでしょうけれど、狭い範囲にタイプの違う店が点在しているのでチョイスの幅は広いと思います。

カジュアルな店から、きちんとした店まで、いろいろありますよ。良くも悪くも、駅からの距離が“絶妙に遠い”というのもポイントかもしれませんね」

3種のソースがつく「肉ギョウザ」(¥550)「オニオンスープグラタンギョウザ」(右奥・¥920)「パクチーギョウザ」(左奥¥680)

パリで流行の餃子の新スタイル『GYOZA BAR Comme a Paris』
渋谷2丁目/バー・フレンチ

ワインやシャンパンを片手に、フレンチ風のソースで餃子を味わえる店。

「パリでも流行のスタイルを逆輸入した感じですよね。餃子という料理をおしゃれな雰囲気で愉しむっていう話題性が、気軽なデートのときにはいいと思います」。

サイドメニューも豊富なので、しっかり食事したいときはもちろん、バル代わりにも使えそうだ。

絶妙の火入れ加減で仕上げた肉料理は山本さんもお気に入り。「千代幻豚のロティ ホワイトアスパラのソテー」。夜のコースは¥7,000~

30年愛され続けるフレンチの名店『La Blanche』
渋谷2丁目/フレンチ

今年で30周年を迎えた渋谷2丁目を代表するフレンチの名店。料理、サービスともに長年グルメな人たちに高い評価を得ている。

「クラシカルで洗練された店の雰囲気が好き。オーナーシェフの田代和久さんが作る繊細な料理を食べられること自体が幸せ。

付き合いの長い相手と大切な日に行くのにふさわしい店だと思います」

料理に使う素材は、農家から毎日直送されてくる。沖縄紅豚の角煮と玉子¥1,800。海月サラダ¥1,200。コース料理は¥3,800~

母娘で営む家庭的な雰囲気の店『海月』
渋谷2丁目/和食

「毎日食べたくなる、体にやさしい料理」をモットーに、毛利久美子さん・奈津美さん母娘が営む家庭的な料理が魅力の店。こぢんまりした店の造りも、友人の家のリビングに居るよう。

「女性誌の編集長に教えてもらった店です。ホッとするような味のやさしい料理に、あったかな接客。女性はこういうお店、好きだと思います」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ