今年はなんとドイツビール500周年!国内最大級の取り揃えのビアダイニングで乾杯しよう!

ドイツビールの起源は、1516年4月23日にバイエルン公が発布した「ビール純粋令」だと言われている。つまり、2016年の今年は、ドイツビールの500周年に当たる。

「ビール純粋令」とは、ビールの醸造には⻨芽とホップ、水以外を⽤いることを禁止するもので、500年経った現代でも「ビール純粋令」は厳粛に守られている。ドイツのドラフトビールが世界中で親しまれているのはそのせいだ。

国内最大級のドイツドラフトビールを取り揃えるカジュアルビアダイニング『SCHMATZ(シュマッツ)』では、そんなドイツビール500周年を祝し、ビールの日でもある4/23からフードメニューとビアカクテルの新メニューをスタート。新しい味が加わった『SCHMATZ』で今夜は美味しく酔ってみない?

8種類のドイツドラフトビールは日本最大級の取り揃え!

見た目の違いも明らかな、個性豊かなドイツドラフトビールがずらりと勢揃い。ここに来れば、ドイツビールの全てを感じることができること間違いなしだ。

”世界でトレンドのビアスタイル”を体感できる『SCHMATZ』

「SCHMATZ(シュマッツ)」とは、ドイツ語で「幸せの⾳」を表す。ドイツ⼈の若手起業家3⼈が2015年に⽴ち上げたばかりのカジュアルビアダイニングだ。素材にこだわった料理とドイツドラフトビールを、友⼈の家に遊びにきたような雰囲気の中で堪能できるのが人気の秘密だ。

国内最大級を誇るドラフトビールの取り揃えに加え、『SCHMATZ』でしか飲むことができないビアカクテルや、ビールとの相性も最高な「進化系ドイツ料理」など、”世界でトレンドのビアスタイル”を体感できるメニューを多数提供している。

ビアテンダーの高い技術がビールの美味しさを最大限に引き出す

ここには、芳醇なゴールデンエールから、チョコの風味がするダークウィートビールまで、国内最大級となる8種類ものドイツドラフトビールがある。それを、ビールを知り尽くした“ビアテンダー”が完璧な配分でグラスに注いでくれるので、最高の状態で楽しむことができる。

また、オリジナルのビアカクテルも見逃せない。ロサンゼルスやニューヨー ク、ミュンヘンなどトレンド発信地で人気のビアカクテルを、ドイツドラフトビールでアレンジした『SCHMATZ』流のレシピで提供しているのだ!

レモネードや、コーヒー、アイスクリームなどをリキュール感覚でビールと組み合わせて作る、ここでしか味わえないメニューも忘れずにチェックしたい。

ビールとのペアリングを考えぬいた「進化系ドイツ料理」も提供

ドイツ風カツレツの”シュニッツェル”や”カリーブルスト”などのヨーロッパでポピュラーなメニューもアレンジし、「進化系ドイツ料理」として提供。どれも、ビールとの相性にこだわり抜いて生み出されたものだ。
ドイツのログハウスをイメージし、自然な暖かみとモダンな明るさを意識したデザインの店内で、最高のビールと最高の料理を満喫できる。

また、ランチのレシートを持参して17:00以降の来店すれば、ドラフトビールが1杯無料という、「SCHMATZ FREE BEERキャンペーン」も開催中だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ