素敵過ぎる、蛍が舞う夜のディナー!あのホテルは実は蛍の観賞スポットなんです

蛍と言えば初夏の風物詩。都会の中では目にする機会が貴重になってしまったものの、毎年5月中旬から6月末頃にかけて、東京でも蛍の飛翔が観測されている。
そして、わざわざ郊外に行かずとも、あのラグジュアリーホテルの庭園で幻想的な蛍の姿を拝むことができることを、あなたはご存じだろうか?

こんな空間が、東京23区内に存在するなんて信じられないほど幻想的な光景!

知る人ぞ知る鑑賞スポット『ホテル椿山荘東京』

都内でも屈指の広大な庭園を誇る『ホテル椿山荘東京』では、毎年、蛍が舞う姿を見ることができる。その光景があまりに感動的で、その季節には欠かさず訪れるリピーターもいるという。

今年も、蛍の幼虫の「上陸」が、4/7に確認できた。実はその「上陸」から初飛翔までの日数は、日々の気温が関係しているとする仮説があるのをご存知だろうか。もし、その仮説が正しいとすれば、今年も5月中旬頃から、蛍の美しい飛翔を楽しむことができるはずだ。

気温を積算しながら蛍の飛翔の日を待つーー。これは、春から初夏にかけての新しい楽しみ方になるかもしれない。

古来より日本人は、蛍を様々な方法で風流に愉しんできた。

蛍初飛翔までのミステリアスな仮説

ゲンジボタルの幼虫は水生で、幼虫が陸に上がる「上陸」は、桜(ソメイヨシノ)が散る時期の4月の雨の夜が多いという。そして、その翌日から「1日の平均気温」を積算(加算)していき、500度に達した時に、蛍の初飛翔が観測できるーー。これが「500度説」と呼ばれる蛍の初飛翔日に関する仮説だ。

『ホテル椿山荘東京』では蛍の初飛翔について、2010年からその「500度説」を検証する観測を行っている。

日本庭園内を夕刻から夜半にかけて散策すれば、時が経つのを忘れてしまうほどロマンティックなひと時が過ごせる。

検証を始めた2010年から2012年までは、ほぼ「500度説」通りに初飛翔が観測。2013年は温度計の故障により欠測したが、2014年は前日積算温度が521度になった5/18に初飛翔を観測し概ね実証は成功した。

ところが、2015年は626度になった5月16日に初飛翔を観測し、大きく500度を外す結果に。果たして、2016年はいかに……?

さまざまなシーンで蛍を満喫する「ほたるの夕べ」を開催

そんな蛍の初飛翔日に向け、『ホテル椿山荘東京』では蛍観賞の前後もホテルを楽しめるさまざまな「ほたるの夕べプラン」が着々と準備されている。どれも幻想的な蛍観賞を素敵に彩る季節限定のプランだ。蛍の初飛翔日を予測しながら、初夏のスケジュールに加えてみてはいかがだろうか。

一品ずつ楽しめる美食が、食卓の会話を盛り上げてくれそうだ

「ほたるの夕べ ディナーブッフェ」

蛍が舞う初夏の夜を満喫する、華やかなディナーブッフェ。旬の食材で彩られたオードブルは蛍の光のうな繊細さと可愛らしさにあふれている。人気の「ローストビーフ」や海の高級食材「鮑」を中心に、定番の「米茄子の鴨炊き」や「特製ビーフシチュー」なども楽しめる豪華でお得なプランだ。また今回は特別に、庭園に流れる水と同じ秩父山系の地下水を仕込水に使用し、杉桶で1年間熟成させたこだわりの醤油も提供される。

・……………………………・
開催期間:5/20(金)~6/30(木)
会場:ホテル内宴会場にて
時間:19:00~21:00※受付は30分前から
料金:
・大人【月曜~木曜】9,800円
   【金曜・土曜・日曜】10,500円
・小学生【月曜~木曜】4,300円
    【金曜・土曜・日曜】4,500円
・幼児【月曜~木曜】2,100円
   【金曜・土曜・日曜】2,300円
※お得なインターネット予約料金もあり。
メニュー:
・料理/和洋ブッフェ
・ドリンク/フリードリンク
(ビール、赤白ワイン、焼酎、ウイスキー、ソフトドリンク)
※仕入れ状況により、メニュー内容の変更あり。また最小催行人数に満たない場合、および会場都合により開催を中止する場合あり。
※気象条件により蛍が見えない場合あり。また食事会場と蛍観賞は別エリアとなる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ