逆輸入俳優ディーン・フジオカのカッコよさの秘密はその食生活にあった!

朝ドラ出演をきっかけに「五代さま」ブームを巻き起こしたディーン・フジオカさん。今やドラマ、バラエティ番組でも大活躍し、飾らぬ素顔で好感度はますますアップ。そんなディーンさんにグローバルを生き抜く知恵や大好物だというアジア料理の魅力を語っていただいた。

演技も音楽も世界のどこかで出会いが待っている


慣れた手つきでワイングラスを軽やかに回す。スワリングしたグラスに顔を近づけ、芳醇な香りを楽しむ……。

貴公子のような身のこなしに見とれていると、「香りはしませんね。お水だから」と茶目っ気たっぷりに笑う。その一言で、一気に場が和んだ。お酒を呑まないのでテイスティングの手順はマナーとして知っているだけだというディーンさん。

「どこの国へ行ってもマナーを知っておけば、その国に溶け込んで、仕事もプライベートも楽しめます」

香港、台湾、アメリカで実績を経てのディーンさんだからこそ、発言に説得力がある。

「逆輸入俳優」と称され、NHKの朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役で、大ブレイクを果たし、あっと言う間に時の人に。その後もドラマやバラエティ番組などひっぱりだこだが、御本人は、いたってクールに捉えている。

「今は日本を拠点に、いろいろなご縁で仕事をいただき、本当にありがたいです。今後も日本はもちろん、世界至るところでの出会いを大切にしていきたいと思っています」

大好物はビーフフォー!お気に入りの店があれば引っ越す勢い!


東京でのディーンさんは1人住まいだ。家族はインドネシア、ジャカルタに住む。

普段の食事を伺うと「実は、小麦アレルギーなので、グルテンフリーのものしか食べられません。アメリカでは、グルテンフリーのハンバーガーやピザもありますが、僕は米粉のフォーがあればOKです」

大好物はビーフフォー。

「訪れた世界の町の中で、旨いフォーを出すお店はすぐ言えますよ(笑)。野菜たっぷり、でも、もやしは少なめ、多めのパクチーと青唐辛子ものせてね。スープは熱々で、レモンかライムをスクイーズして食べるのが最高です」と、熱く語る。

「旨いフォーの店を見つけると、次は不動産屋に向かいます。その近くに住むためにね(笑)」。

東京でも旨いビーフフォーの店を求めて、数十軒食べ歩いたという。そんなディーンさんのこだわりぶりは、テレビ番組にもなったほどだ。ディーンさんの食生活は肉と野菜が中心。大学時代から始めたボクシングで、今もジムに通い汗を流す。夜食も胃に負担のないフォーを食べる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ