完全に真田幸村モードの部屋に泊まる!信州・別所温泉で贅沢な旅を

皆さんは一人旅をすることがあるだろうか?都会の喧騒から少し離れるだけで、仕事の疲れも癒されるはずだ。今回は、一人旅にピッタリな、非常に興味深い一人旅専用の客室をご紹介しよう。

戦国武将・真田幸村(信繁)の郷である信州上田 別所温泉の『上松屋旅館』では、戦国浪漫に浸れる旅を演出する、業界初、真田幸村をイメージした「真田戦国部屋」がリニューアルオープンされた。

テーマは“戦国スタイリッシュ”。戦国時代の部屋を現代風に和モダンなアレンジが施されている。この春、約3時間のドライブで辿り着くことが出来る別所温泉で、真田幸村気分の旅と温泉を堪能してみてはいかが?

真田幸村と戦国時代を現代風にアレンジした落ち着いた和モダンの客室

囲炉裏風テーブル、陣の横断幕、真田の信仰する白山大権現の掛け軸などが戦国気分を盛り上げる!

真田幸村ゆかりの地、別所温泉までは約3時間のドライブで!

「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と呼ばれた真田信繁は“真田幸村”の名で広く知られる戦国時代の武将だ。近年ではドラマをはじめゲームやアニメでも非常に人気の高い戦国武将。信州・上田は真田幸村のゆかりの地で、上田城・真田神社を始めとする数多くの真田ゆかりの史跡がある。

1月には『信州上田真田丸大河ドラマ館』が開設されており、すでに10万人以上が来場している。上田市には、1400年の歴史があるといわれる信州最古の温泉地、別所温泉があり、幸村公の隠し湯が存在するなど、真田の歴史を辿る観光客に大人気だ。

奥に真田の兜が見える。近頃は男性だけでなく、女性にも人気がある

戦国時代の部屋を現代風に和モダンアレンジ!テーマは「戦国スタイリッシュ」

別所温泉の中心街にある、創業147年の“一人旅歓迎”の宿『上松屋旅館』。こちらでは長年、真田幸村の甲冑を着た社長の挨拶、真田温泉物語のかみしばい、真田の切り絵や鎧展示など、ご当地武将・真田幸村にちなんだおもてなしを行っている。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は上田市が舞台だ。今回その一環として、上田に来る方がより全身で真田浪漫を感じられる既存の一般客室を改装!そして真田幸村をテーマとした、一人旅専用客室【真田戦国部屋】がリニューアルオープンされたのだ。

六文銭をあしらった湯飲みや金庫などテーマに合わせたアメニティを配置

真田がテーマの客室は一人旅専用!?

利用者数は一人限定で、一人旅に快適な空間と設備を備えた客室となる。囲炉裏風テーブル、陣の横断幕、真田の信仰する「白山大権現」の掛け軸や真田の兜が、戦国気分を盛り上げがハンパない…。旅館の館内には、真田十勇士の切り絵や、真田にちなんだ日本酒や書籍なども取り揃えている。

また、景観を損なわないような落ち着いたライトニングと、真田のイメージカラーでもあるレッドとダークブラウンを基調に、基本設備は隠れるようなデザインに。赤を基調としたポット、bluetoothスピーカー、加湿器や、六文銭をあしらった湯飲みや金庫などテーマに合わせたアメニティを配置している。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ