4/29開始!GWは横浜赤レンガ倉庫のドイツビールフェスで飲みまくれ!

いよいよGWのスタート!本日4/29(金・祝)から5/8(日)までの計10日間、横浜赤レンガ倉庫イベント広場と赤レンガパークでは、ドイツの春祭りが再現される。それが『Yokohamaヨコハマ Frühlingsフリューリングス Festフェスト 2016』だ。

ドイツといえば、もちろんビール!4回目を迎える今年はさらに内容が充実し、おおいに盛り上がるビアフェスになりそうだ。

横浜とゆかりの深いドイツの春祭りを、赤レンガ倉庫エリアで再現!

「フリューリングスフェスト」とはドイツ語で春(フリューリング)祭り(フェスト)の意味。長く厳しい冬を耐えたドイツの人にとって、待ちに待った春の到来を祝うイベントだ。ビール祭りに移動遊園地がセットになっているこのイベントは、ドイツ各地で行われ、家族や仲間とともに春の一日を楽しむ風物詩となっている。

横浜港は北ドイツ「ハンブルク港」と姉妹港であり、横浜赤レンガ倉庫も一部がドイツ様式で建造されているなど、横浜はドイツとゆかりが深い。4年前から再現されているドイツの春祭りも、横浜エリアのゴールデンウィーク恒例の春祭りとしてすでに定着しつつあり、昨年は期間中43万人の来場者で賑わった。

30mの長ロングビールカウンターでは、次々にビールが注がれていく

日本初上陸のビールがなんと8種類も!

今年の目玉は、北ドイツ・ハンブルク地方のドリンクやフード。注目はもちろんビール! ハンブルクのクラフトブルワリー『バドルシップ』と『ホッパーブロイ』から提供される8種類のビールは日本初上陸。

また、120年以上にわたり代々受け継がれてきた『メッツェラー 醸造所』の樽生ビールも日本国内でいち早く堪能できる。

さらに、噛むとはじける新食感の「コーティングジュース」を使用した色鮮やかなビアカクテルやソフトドリンクも用意されるので、お酒が苦手な人にはこちらがおすすめだ。

ビールとともにフードもたっぷり楽しみたい!(写真は昨年の様子)

北ドイツだけでしか食べられていない新顔のフードとは!?

本場ドイツから輸入したヒュッテ(木の屋台)で提供されるのは、ドイツ伝統のシーフード料理『ロートバルシュ』やハンバーグ料理『ブレーマークニップ』。『ブレーマークニップ』は、表面をカリカリに焼いた独特なハンバーグ料理で、北ドイツでのみ食べられているメニューだというから、ぜひ味わってみたい。

また、揚げパンのような伝統的な菓子「クラップフェン」などのスイーツメニューも充実。もちろん、ドイツで春を告げる野菜と言われている「シュパーゲル(ホワイト アスパラ)」や名物のソーセージや菓子パン、ワイン、果実の器のフレッシュジュースなどの定番メニューも用意されている。

フードメニューにも新顔が。今年初登場の『北ドイツ』メニューはこれ!

「ロートバルシュ」

北ドイツのみならずドイツ全土でも大人気のフィッシュシーフード料理。ムニエルにした旬の赤メバルを特製バターソースで。

「ブレーマークニップ」

粗挽きポークに上質のラード、穀物、スパイスを加え、表面をカリカリに焼き上げたブレーメン伝統のハンバーグは、口に入れるとジューシーな味わい。北ドイツでしか食べることができない貴重なメニューだ

もちろん、定番のドイツビールに最適なフードも勢ぞろい♪

ビールとの相性抜群の「フリューリングフェス盛合せ」

ドイツの伝統的なお菓子「クラップフェン」にアイスクリームを添えた「クラップフェン アイスミルク」

「シュバイネブラーテン」

「プレッツェル」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ