あの『オザミ』の新店も本日オープン!銀座の美味しくて安い新店5選

飲食店激戦区でもある銀座に、またまた見逃せない新店がオープンしている。それもリーズナブルで肩肘張らないくていい良店とくれば、これは行かない手はない!

「仔羊のペルシャード風」(¥3,800コースのメイン)。香草パン粉をまぶして焼き上げた仔羊の背肉のロースト

あの『オザミ』が20周年を機に、大々的にリニューアル!

正統派のフレンチを都内で多数展開するオザミ ワールドが、銀座1丁目に所有する地上10F地下2Fの自社ビルの1F〜4Fに、新たな店舗となる『プティ オザミ』を明日3月21日(月)にオープンする。

オザミ代表の丸山宏人さん自ら「料理やワインはもちろん、内装からスタッフのコスチュームにいたるまで、最先端のパリを意識して徹底的にこだわり抜きました」と熱く語る同店のコンセプトは、ずばり“大人のためのネオビストロ”。

細い路地に面したテラス席にはパリの開放的な気分が漂い、吹き抜けを多用した明るい店内のそこかしこには、新たな発見が溢れている。

「ずわい蟹と帆立貝のタルタル トマトのクーリ」(¥3,800コースの前菜)。見た目にも美しい、冷製仕立ての華やかなオードブルだ

平日昼間の時間帯には、¥1,200(税別)から手軽にランチメニューが楽しめるほか、昼下がりの銀座でゆっくりしたひとときを過ごしたい、というニーズにも応えるため、アルコールメニューも充実させる。

夜には旬の素材を生かしたオードブルとメインが6種類ほどから選べるディナーコースが、¥3,800(税別)というまさかの低価格で味わえ、お好みでスープやメインを追加注文できるというのも心憎い。

特筆すべきは、同ビルの地下2階を丸ごと使ったワインカーブ。なんと1万本以上のストックから数百種をリストアップするという。希望すれば案内してくれるそうなので、ぜひ!

1階エリアイメージ

2階エリアイメージ

「宮城県産A5 ランクの黒毛和牛サーロインのポワレ ペドロヒメネスのソース」(参考料理)。素材の味を楽しんだあとは、濃厚なペドロヒメネス種のシェリー酒から作ったビネガーソースをお好みで

5月には『レストラン・オザミ』も満を持してオープン!

2016年5月20日(金)には、なんと同ビルの8F〜10Fに、本格フレンチの新店『レストラン・オザミ』が満を持して登場。丸山宏人さんが長年温めてきた構想を全て詰め込んだという「夢の集大成」が実現する。

同社が長年培ってきたノウハウと、「自社ビルだからこそ実現できる」という破格のサービスが、レシピや盛り付けにも見事に発揮されている。

内観イメージ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ