実はあった!小僧の街・原宿で大人がまともに使える名酒場6選

「原宿なんてガキの溜まり場。」そう思ってる人、多いんじゃないですか?買い物しに行くことはあっても、食事や酒となると物足りない。大人がまともに使える店なんてない、と鼻から決めつけるのは早計!

ちょっと裏の路地に入るとそこには、我々が是非とも押さえておきたい美食美酒な世界が広がっているのだ!ということで、若者の街に潜む大人が楽しめる名酒場6件をご紹介。

ワイン1本3000円!穴場のイタリアンバール『ソプラソット』

原宿の隠れ家イタリアンバルといえばここ。竹下口交差点を進み、若者で賑わうとんちゃん通りに潜む良店がここ『ソプラソット』。赤レンガの床に小洒落た照明が居心地良い空間。

築地直送の魚介料理、パテ ド カンパーニュ¥690などの味もさることながら、ワインはボトルALL ¥3000というコスパも魅力。コースも飲み放題付き4,000円~と使い勝手抜群。

世界の美食家が注目するペルー料理のレストラン『ベポカ』

そのコロニアル様式を彷彿とさせるスタイリッシュな雰囲気と、新鮮な生の魚介類やキヌア料理など、珍しくも美味なるペルー料理を堪能できるレストラン。

目にも鮮やかなメニューの数々とよく冷えたペルーのビール、クスケーニャで乾杯すればラテンモードで陽気なひとときを過ごせること間違いナシ!デートで訪れるのにぴったりな“都会派エスニック”の代表だ。

ペルーの蒸留酒ピスコも充実。深夜まで営業しており、遅めのディナーにも最適だ。

竹下通りの路地裏に佇むビール好きのたまり場『ベア―ド・タップルーム 原宿』

竹下通りの路地裏にある知る人ぞ知るビールの聖地。ベアードビールの直営店となるこちらでは、17種類の樽生と焼き鳥や餃子などの居酒屋定番つまみが揃う。季節限定ビールはすぐに売り切れるほどの人気だとか。

席はバーエリアとオープンキッチンに面したカウンターを用意しており、一人でも買い物帰りにさくっと立ち寄りやすい雰囲気。ビール好きなら気に入ること間違いなし!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ