芸能人御用達! お取り寄せ半年待ち餃子を待たずに買う方法

あなたはお取り寄せ半年待ちの人気餃子をご存じだろうか。開店して半年もしないうちに芸能人御用達、メディアにも引っ張りだこの人気店となった『羽根木餃子』だ。

カリカリとしたキツネ色の薄い羽根が付いた、肉汁たっぷりのジューシーな餡……あぁ、本音を言えば半年も待っていられない!

それならば、世田谷の梅ヶ丘にある店舗へ足を運ぼう。店舗に直ならその日のうちに「お取り寄せ半年待ち」の餃子が手に入るのだ。

野菜の甘みとゴロゴロ肉は一度食べればやみつき! 看板メニューの羽根木餃子(¥600/5個)

ゴロゴロ触感とジュワ~っとあふれる肉汁の秘密!

まずは肉汁あふれる餡の秘密に迫ろう。キャベツやネギなど餡に使う5種類の野菜は、食感を重視して粗切りが鉄則。

そこに挽肉ではなく、自家製の塩麹に一晩漬けこんだ豚肩ロースを1cm大のサイコロ状にカットしたものを加える。野菜の水分は絞らずにそのまま加えて皮の中に閉じ込めるのがポイントだそう。

独自ブレンドの焼き粉で美しい羽を纏わせれば、名物羽根木餃子の完成だ!

カリッカリの羽が特徴。繊細なレース柄のごとく華やぎをプラスする

香ばしいゴマ油の香りにつられ、まずは豪快にひと口でガブリッ。サクッと軽い羽の食感に思わずにんまりした次の瞬間、食感と旨みの嵐に襲われる。

豚肉のムチっとしなやかな弾力や粗切り野菜のザクザク感が口内を縦横無尽に行き交い、噛めば噛むほどクセになる。あぁ、もう普通の餃子に戻れないかも。いや、戻れなくていい!

皮は強力粉、モチ粉など独自ブレンド。餡から出るたっぷりの肉汁を包み込むほどよい厚みとモチモチ感を持つ。皮に塩気をやや強めに効かせることで、野菜本来の甘みが引き立つそう。

ご主人のすすめに従い、酢にコショウを振っただけのものにつけて食べてみると、餡の甘さがよく分かる。

圧倒的な人気のため、お取り寄せ注文だと半年かかってしまう。高級感ある包装も嬉しい。

木箱入りなので持ち寄りホムパの手土産にもピッタリ

これは確かに、半年待ってでも食べたい餃子だと納得の味!

木箱に入った贈答用の包装も。ほかの餃子店では購入できない高級感が贈った相手に喜んでもらえる、とリピーター多数だそう。

基本の餃子の他にも複数の味を詰め合わせにしたら、ちょっとした手土産にぴったりのお品だ。

トマト餃子5個¥700。トマトが加わることでよりジューシーさが増す。ちょっぴりニンニクを効かせたイタリアン風

こんなの食べたかった! トマト餃子にパクチー餃子も

スタンダードな餃子を堪能したら、トマト餃子やパクチー餃子など個性派もご賞味あれ。こちらももちろんお取り寄せ可能。お好みの味を詰め合わせよう。

ご主人の高センスな素材使いにより、餃子がエスニックにもイタリアンにも変身する。

これはビールのみならず、シャンパンやワインともいいマッチングを見せてくれそうだ。

パクチー餃子5個¥700。噛むほどにパクチーの爽やかな香りが鼻から抜ける、新感覚餃子である

濃厚チーズ餃子5個¥700。チーズの塩気が絶妙で醤油いらず。おつまみ感覚でホームパーティーにも使えそうだ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ