あの『加藤牛肉店シブツウ』ランチを徹底解剖!注文するならコレだ!

山形牛専門店として知られる『加藤牛肉店』。極上山形牛のステーキやお肉料理をリーズナブルに味わうことができる新業態のお店として、2015年3月渋谷に『加藤牛肉店シブツウ』としてオープンしてから約1年ほどが経つ。

ディナータイムのウリは山形牛ステーキであることは間違いないが、その一方で気になるのが「ランチメニュー」だ。肉専門店がお届けするランチとは一体どんな内容なのか?今回はここ『加藤牛肉店シブツウ』の「ランチメニュー」を徹底調査してみた。

特撰山形豚のトンカツはやわらかい食感で旨味もたっぷり!

特撰山形豚使用!「トンカツ 上ロース」

まず最初にいただくのは一番人気だという「トンカツ 上ロース(¥1,900)」。

もともと人気があるメニューだが、2月以降はさらに改良され、従来の「秋田産三元豚」から「山形豚」に変更したバージョンアップメニューである。

上ローストンカツ、ご飯、赤だし、漬物がセットの「トンカツ 上ロース(¥1,900)」

サクサク衣に包まれた山形豚のトンカツは赤身と脂身のバランスが非常によく、旨味と食感の両方が楽しめる一品。

からしとソースでいただくのも良いが、オススメは塩!山形豚の旨味と甘味がより強く感じられ、山形豚本来の味わいを楽しむことができるのだ。

しっとりとした肉質の山形牛の牛カツ

9が付く日限定!加藤牛肉店と言ったら山形牛!「加藤牛肉店特製 牛カツ重」

そしていよいよ、山形牛を贅沢にカツにした「加藤牛肉店特製 牛カツ重(¥2,200)」だ。

こちらのメニューは、9日、19日、29日の「9」の付く日のみの限定10食のメニューとなっている。

お重の上にのる牛カツは4枚!さっくりと揚がった牛カツには特製の甘辛ダレが絡めてあって、しっとりとした肉質の山形牛との相性は抜群!

牛カツ重、サラダ、赤だし、漬物がセットの「加藤牛肉店特製 牛カツ重(¥2,200)」

一緒に添えられた大葉と山椒をあわせていただけば大葉の風味と山椒のピリッとしたアクセントが牛カツの旨味をより一層引き立たせてくれる。

やっぱり牛肉店なら牛カツを食べたいという思いもあるが、1ヶ月に3回限定10食のみ。

当日は早めに訪れてなんとしてもいただきたいレアメニューである。

ハンバーグ、ご飯、赤だし、漬物がセットの「加藤牛肉店特製 六四ハンバーグ(¥1,000)」

みんな大好きハンバーグ!「加藤牛肉店特製 六四ハンバーグ」

3品目は「加藤牛肉店特製 六四ハンバーグ(¥1,000)」だ。

メニュー名の六四(ロクヨン)とは、お肉の配合比率が牛肉6:豚肉4からきており、使用するお肉はもちろん山形牛と山形豚。

山形牛6:山形豚4の黄金比率ハンバーグだ!

肉々しい食感でありながらもやわらかさとジューシーさも感じることができる絶妙な配合比率。

デミグラスソースはこのハンバーグ専用に作られているだけあってお肉の旨味を活かした甘めの仕上がりとなっている。

ご飯との相性抜群の白米ががすすむメニューだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ