普通の鍋はお断り!イマドキ女子のハートを掴むのはこんな"進化鍋" Vol.2

まだ普通の鍋?外食慣れした女性の心を一瞬で掴む鍋デート店4選

冬のデートの鉄板ワードと言えば「鍋行かない?」で異論はない(はず)。言いかえれば、この時期女性は四方八方から鍋の誘いを受けている。もはや、普通の鍋では意中のあの女性の心を掴むのはムズカしいのだ。そこで、“トマトすき焼き”などが登場した先週に引き続き、定番鍋だけど、どこか違う……。そんな“進化鍋”を今週も伝授!

出汁にくぐらせ旨みが凝縮したブリを、2種類の塩で楽しむ

『和味 大輔』の“ぶりしゃぶ”

白金台

~鰤の旨みを塩で引き立てる味のわかるオトナ好みの鍋~

魚料理と日本酒のセレクトが評判の『大輔』。冬の名物「ぶりしゃぶ」は、2種の塩でいただくのが大輔流。鰤は築地から佐渡産や富山産など、おすすめを仕入れ、脂乗りのいい腹身のみを使用。

「出汁にくぐらせると余分な脂が落ちて旨みが凝縮する」と店主。

とろける食感をさっぱりハイビスカス塩で、はたまた、香り豊かな燻製塩でと愉しめる。好みを聞きあいながら鍋をつつけば、ふたりの距離も縮まるはず。

ぶりしゃぶ(コースはひとり¥8,400)。薬味はスペイン産の2種の塩と、酒のつまみにもなる鬼おろしが付く。カウンターで店主と会話も楽しむもよし、個室でしっぽり過ごすのもよし

〆は鰹と鰤で取ったベースに、ぶりしゃぶの旨みが加わった絶品出汁で雑炊に。奥久慈卵でまろやかに仕上げる

手間ひまかける自家製ソーセージ 牛ほほ肉はスープで煮込むことでより柔らかく風味豊かに。2日かけて作る自家製ソーセージは味が染みるように平らにスライス

『マルミット』の“オリジナル洋風鍋”

赤坂

~〆が3回変化する?最強の味変鍋~

大阪のグルメ通を唸らせた洋風鍋が東京に登場。店主が「東京にも自慢の味を広めたい」との想いで、17年間愛された大阪・天満橋の店を閉め、2014年11月、赤坂に移店。

「マルミット鍋」(1人前¥4,000)は一見普通のポトフのようだが、侮るなかれ。驚きのコク深いブイヨンは、牛豚鶏と香味野菜を時間差で煮込み、旨みを最大に引き出すために2日がかりで仕込むと言う。コラーゲンたっぷりのスープに、彼女も目を輝かせるに違いない。

【〆①】最初の〆は、あっさりスープに合うフェデリーニでスープパスタ。唐辛子オイルとガーリックオイルを合わせればアーリオオーリオ風に

鍋の具材は、野菜ときのこ、蛤、烏賊、牛ほほ肉、自家製ソーセージなどたっぷりの海の幸と山の幸。まずはシンプルにそのまま、次に5つの薬味で味の変化を楽しんで。

そして、ここからが『マルミット』の真骨頂。具材の風味がさらに加わった極旨スープを、パスタ、フォンデュ、リゾットの順にシメ! 少量ずつのポーションだから、最後のひと口まで美味しくいただけるのもポイント高し。めくるめく味の変化に2人の興奮も最高潮に。華麗なる鍋のトリプルアクセルを、ペアでぜひ体感あれ。

【〆②】第2弾は、バゲット、ブロッコリー、チーズでフォンデュ。まるで、オニオングラタンスープのような味わい。薬味でアレンジしても美味

【〆③】最後は、旨みが凝縮したスープにごはんを入れてリゾットに。トマトソースとバジルソースを加えて炊くと、より美味しくなるとのこと

トマトソース、バジルソース、ガーリックオイル、唐辛子オイル、マスタードの5つの薬味。マスタード以外すべて自家製

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ