• PR
  • まだお食事会(という名の合コン)で消耗してるの?出会いの新スタンダードはオンラインデーティング・アプリ


    ー 忙しい人ほど、 遊んでいる ー


    がコンセプトの東京カレンダーWEB。きっと読者の多くは、仕事に遊びに恋愛にと、東京を謳歌していることだろう。

    デート相手を探すきっかけはなんだろうか?職場の同僚や先輩後輩、大学時代の友人、またはその繋がりから催されるホームパーティやお食事会(という名の合コン)。

    美男美女が多いであろう東カレWEB読者においても、「案外いい出会いがない」「お食事会(という名の合コン)は刹那的に楽しいだけであって、真剣交際に結びつくことがほとんどない」という声を多数聞いている。

    そんな中、じわじわと東京の未婚男女の間で浸透しつつあるのがオンライン・デーティングアプリ「pairs」だ。

    1:口コミでの利用が急増。特にこっそり利用している美女も多い


    pairs」は、Facebookログインで未婚者のみが利用できるサービス。年齢などに関しては事業者が公的証明書で確認しており、サクラがいないサービスとして評判。2016年1月現在日本国内で男性130万人、女性74万人が登録しているオンライン・デーティングアプリの最大手。

    オンライン・デーティングを利用している男女など、お食事会(という名の合コン)にもお声がかからないような、イマイチな人ばかりなんじゃないの?という偏見もあるだろう。しかし、その固定概念は一度アプリを覗いて見ればいとも簡単に崩れさるだろう。

    え?こんな可愛い女の子がいるの?
    年収1,000万以上の男性がこんなにいるの?

    pairs」は婚活アプリであることもあり、恋愛相手探しから始めつつも、将来的には結婚も視野に入れる人が多いとか。特に女性にとっては、年収も含めた条件をプロフィールで確認できるのは嬉しいでしょう。

    特に女性は、友人などから「pairsでいい男性と知り合えた」という口コミから利用し始める人も増えているんだとか。実際に数多くのマッチングが成立しており、結婚に至るカップルもけっこうな件数に上るようだ。

    2:趣味が近しいと関係も発展しやすい!コミュニティ機能が充実


    いざオンライン・デーティングアプリで異性と会ってみたものの、全然会話が盛り上がらなかった。そんな経験をしたことがある東カレWEB読者も少なからずいるかもしれない。

    pairs」には3万件以上の「コミュニティ」が存在し(かつてのmixiの「コミュニティ」機能のようなもの。ただし、コミュニティ内でのスレッドを立てるなどはできない)、自分の趣味趣向をプロフィールに記載することができる。

    同様に、異性の趣味趣向も見ることプロフィールから見ることができ、たとえば「焼肉好き」というコミュニティに入っていれば、「焼肉食べに行きませんか?」と誘いやすいだろう。

    案外、趣味趣向が合わないから長期的にな付き合いに発展しにくいという話は聞く。気になる異性を探す際には、コミュニティを覗くことで自分と趣向が合うかどうか。また、自分もコミュニティに入っておくことで、趣味が合う相手に見つけてもらいやすくするという工夫が大切だ。

    ちなみに「東京カレンダー」コミュニティも2件存在するようだ。ぜひこれを気に「pairs」に登録した方は「東京カレンダー」コミュニティも覗いていただき、入っていただきたい(笑)

    3:安心のプライバシー!登録したことは周囲にバレない


    いくら彼氏彼女がいなくて、恋人が欲しいからといって、周囲に「pairs」を使っているって知られたくない。「誰かに知られてしまうかもしれない」という気持ちがあり、登録へのあと一歩を踏み出せない人も少なくないだろう。

    しかし、「pairs」はすでに繋がっているFacebookフレンドは表示されないようになっており、勝手に「pairsに登録しました」とFacebookに投稿されることもありません。

    もはや東京で恋愛する上で、下手なプライドを持ち続けて「pairs」を利用しないなんてナンセンス!

    忙しい人ほど、遊んでいる。既婚者は登録できませんが、「pairs」で恋愛相手を見つけ、東京カレンダーで紹介されているレストランで食事を楽しみ、豊かな東京ナイトライフを送りましょう。

    Let's try pairs!!!

    pairs

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ