吉田類の酔いどれ人生相談 Vol.7

『酒場放浪記』の吉田類が伝授する、神社にいかないでも全然OKな厄の祓い方!

昨年末は、TBSドラマ「下町ロケット」の最終回でドラマ初出演を果たすなど、新たな活動にも意欲的に挑戦する吉田類。多忙な日々の合間を縫って、2016年も読者の皆さんのリアルなご相談に、ズバッと解決!

新年1発目の人生相談は、厄年の乗り切り方と、出世よりプライベートを優先したいというお悩み。酒を片手に今回も吉田類節が飛び出る!

お気に入りの『日本再生酒場』(TEL 03-3354-4829)

お悩み1:今年前厄で、昨年末から不幸続き。どう乗り切れば?!

――類さーん! ちょっと遅くなりましたが明けましておめでとうございます!本年も悩める老若男女のお悩み解決、ズバっと宜しくお願いいたします!

類「任せなさい!」

――では、新年一発目のお悩み解決、呑みながらお答えいただきましょう! まず最初の相談は……
「小生、今年前厄を迎えました。これまでは神仏に頼るのはオカルト、迷信と笑い飛ばしていたのですが、昨年末から災難続き。クリスマスイブの夜にノロウイルス発症。2週間で6キロ痩せると同時に免疫低下によりかねてよりの虫歯が悪化(苦笑)。さらには、道端で自転車の当て逃げ&運転していた男性による理由のない暴行に遭い、とどめに子供と散歩中に転倒して顔面強打。さすがにお祓いに行くべきかと、悩んでいます。類さんは厄年をどう乗り切りましたか?」

類「お祓いはやってもらいましたよ。でも、自分で行ったわけではなくて、飲み会だと呼ばれて行ったら神社に連れて行かれたの」

――え、まさかのダマテン!?

類「そう。神主さんが僕のファンだからって。そうだ、神社に行かなくてもいいお祓いを教えましょう」

――そんな方法があるんですか?

類「簡単ですよ、それはね……、高尾山に登ること!」

――このページをご愛読の方にはすっかりおなじみ、類さんのホームグラウンド・高尾山!

類「何度も言っているけれど、高尾山には天狗がいますからね。天狗がお祓いしてくれますよ」

――な、なるほど〜。

類「でも僕はね、世間一般で言うところの〝厄年〞のときだけ気にするんじゃなくて、毎年厄年だという心構えで生きてますから」

――いつでも油断するな、と?

類「まあ、そんな感じかな。そう思っていれば、1年ごとに健康を見直そうと意識するじゃないですか。日々忙しいと忘れがちだから、そういう意識を持つことは大事!」

――何歳になっても美味しいお酒を呑むためにも、大事な心がけですね!

【吉田類の酔いどれ人生相談】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ