東京人生ゲーム Vol.6

東京人生ゲーム:41歳学芸大学で始めた「他人と比べない暮らし」

前回までのあらすじ

慶應大学卒業後とある総合商社に勤めた拓哉。20代を「渋谷」「西麻布」で過ごし、挫折を経験し「蒲田」へと引っ越す。その後スタートアップ企業「5MINUTES」へと転職し、経営幹部に。「芝浦」「広尾」と引越し、上場も見えてきて上り調子だったはずの拓哉の41歳の時のお話。

東京人生ゲーム第5話:上場が見えてきて広尾で暮らす38歳。順風満帆なはずだが?

5MINUTES、退社しました。


先週もこの連載をご覧になったみなさん、41歳になった僕はどうなるんだろうと想像しましたか?ストックオプションでウハウハ(笑)し出して、「ムカつく!」って思った方もいたかもしれませんね。

実は、39歳の時に5MINUTESを退社しました。

ストックオプションについて、社長のタケシに聞いてみたんです。「ストックオプションのないスタートアップなんて、ドロップキックだよ(笑)」って、業界の経営幹部仲間何人かから言われて、経営幹部であればもらっているのが普通だと聞いていたので。すると、「ストックオプションをどう付与するかを決めるのはCEOの価値観それぞれで、一般論で語られるものではない」と一蹴されました。

もちろん、僕はストックオプションのためだけに頑張っていたわけではありません。大企業の名刺を捨てて5MINUTESというベンチャーに転職して、暗中模索しながらもやればやるだけ売上が伸び、仕事自体にやり甲斐を感じていました。年収も1,200万円まで上げてもらいました。たしかにタケシはCEOとしてリスクを取っていて、それ相応のリターンを受け取る権利はあると思います。ただ、これから上場という時に、側近の僕らともリターンを分かち合おうとか、そういう考えになっても良いと思ったのに...

最終的には「そんなに金のことをいうなら、無理に働いてもらわなくてもいいよ」と言われ、なんだかやる気がなくなりました。虚しさを覚えましたね。

結局僕が40歳の時に5MINUTESは上場しました。公募時時価総額100億円に対して、初値で300億円の時価総額を付けていました。時代の寵児としてタケシはもてはやされて、彼は公募時の売出しで5億円程度のキャピタルゲインを得ていたようです。

そして、ハローワーク通いの日々


39歳での5MINUTESの退社。上場直前の企業から経営幹部が抜けるというのは、世間的にはネガティブな見られ方をするようです。僕くらいの立場であれば、ヘッドハンティングとかたくさん来てもいいはずだと思っていたのですが、思ったほどオファーはありませんでしたね。

ちなみに、BeNAから転職してきた僕の後任のCOOはストックオプションをもらっていたようです。風の噂によると、タケシは僕の働きに満足していなくて、ストックオプションを与えないことで僕が出て行くように働きかけたようです。「本当に抜けて欲しくない人材だったら、意地でも引き止めるさ」そう彼は社内に漏らしていたようです。僕に実力がなかっただけですね。情けない限りです。

春香は僕が辞めた後も5MINUTESで奮闘していました。タケシと揉めて会社を飛び出し、精神的に疲弊していた僕に、「しばらく充電して次に何をしたいかゆっくり考えるといいよ」って言ってくれました。

彼女の収入だけに頼るわけにはいかず、とはいえすぐに転職する当てもなく、ハローワークに半年ほど通いました。失業手当で前職の月収の6割程度が給付されます。素晴らしい制度ですね。

さすがにハローワークに通う身で、春香の収入があるとはいえ、広尾のビンデージマンションに住み続けるわけにもいきません。家賃を抑えるために、引越しをすることにしました。

【東京人生ゲーム】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ