1年で一番旨い季節が到来!冬こそ食べたい都内極上の味噌ラーメン5選

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

『The Outsiders』の汁なしミソ
副編集長 日紫喜康一郎選

大崎

弊社は大崎にあるのですが、これといって美味しいランチがないのが悩みの種。とはいえ、「東京カレンダー」という冠を背負っている以上、妥協したランチはしたくない。語れるランチがしたい、、、と思っていたところ、見つけたのがこちらのラーメン店。

世に言う「二郎インスパイア系」でしょうか。学生時代、何も知らずに三田の『ラーメン二郎』にフラリと入り、そのインパクトにがっつりヤラれた以来の挑戦です。

そして話は変わるのですが、冬はどうしても私、味噌ラーメンが食べたくなるんです。京橋にある『ど・みそ』に冬は通うぐらいなんで、、、ここでも味噌ラーメン。新商品という「汁なしミソ」をチョイス。

味噌ラーメンで汁なしって珍しい(くないですか?)。通常の味噌ラーメンをギュッと凝縮したような濃厚な感じが寒い冬にぴったり。ニンニクあり!で、ガツンと元気も出ます。ただ、その日いっぱいは口の中が、ニンニクでいっぱいとなるのは、あしからず。

こんなランチの夜は、炭水化物なしでも全然OK!夜中にお腹がすくなんていうこともなく、コスパも最高!

外観はバーのよう。店名にイカつさを感じますが、入ってみればフレンドリーな雰囲気

西麻布で飲んだ後のラーメンにオススメ。ラーメン屋らしくないお洒落な店で、来店客の8割は焦がし味噌を注文する(らしい)。麺は細く、アツアツの焦がし味噌のスープとよく絡む

『五行 西麻布店』の焦がし味噌
副編集長 昌保博之選

乃木坂

夜の西麻布には魔物がいる。西麻布で飲むと、二軒目、三軒目、いつの間にやら仲間の人数はどんどん増えて、ベロ酔いでカラオケへ。その魔物は僕のカラダを乗っ取りランニングマン状態。
今日は早く帰る予定だったのに……我に返って時計を見ると夜中2時。ダメだ、おウチに帰ろう。でも、そこで魔物が僕に囁く。

「小腹減っただろ? もう一軒いこうぜ」。

最後に行きつくところは『五行 西麻布店』。そして決まって注文するのは、焦がし味噌とビール。
目の前に出された味噌ラーメンはアツアツ。ほかのラーメン店よりスープの温度は高く、一口麺をすすると一気にカラダが温まる。
「やっぱり、ここの味噌はうまい」。
ここの味噌は焦がしの香ばしさが最大の特徴。スープは見た目が真っ黒だが、しつこすぎないので、飲んだあとの〆にもピッタリだ。
忘年会シーズン真っ只中、魔物が住みつく夜の西麻布でぜひ魅惑の焦がし味噌を味わってほしい。

場所は、西麻布交差点から星条旗通りに入ってすぐのところにある

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo