2015年クラフトビール納め!今飲むべき厳選クラフトビール14選!

2015年にグルメ界を賑わせたものの一つとして「クラフトビール」を挙げた時に、反対する人はいないだろう!
世界中の多種多様な味わいを、国内にいながら愉しめる今の時代に、あらためて感謝したい気持ちでいっぱいだ。

今回は、創業22年、国内のみならず世界のビール約300種以上を取り扱うビール専門店『BEER HOUSE KEN』のオーナー大室建一氏に監修いただき、世界中の愛飲家を魅了するクラフトビールの世界を紐解いた。
いま、呑むべき14本の個性豊かなクラフトビールを一挙ご紹介!!

2013年夏、日本に上陸世界が唸った革新のテイスト「BLUE MOON」

アメリカ

1995年彗星のごとく現れ、今や全米No.1の名を欲しいままにする、ブルームーン。ビアアーティストのキース・ヴィラが「古典的なベルジャンホワイトを誰もが楽しめるように」と最高級バレンシアオレンジのピールをブレンドした。

旨味のなかに、爽やかな甘味がわずかに見え隠れ。ある試飲会に参加した人が「Once in a blue moon!(めったにないウマさ)」と叫んだのが、名の由来だ。

清涼感たっぷりの味わいはワインやカクテル派の女性の支持を得て、アメリカのオーガニック系スーパー『Whole Foods Market』ではセレブリティの愛飲家たちがこぞって購入。呑む際は、グラスにオレンジガーニッシュを添えるのをお忘れなく。

スタイリッシュなラベルは、NYコレクションに出演するブランドのアフターパーティーでも振る舞われるなど、ファッショニスタのなかでも定番化。¥340(税抜き)

日本人に衝撃を与えた!? 英国御用達ビール「BASS PALE ALE」

イギリス

このビールは、今回の監修者・大室建一氏がおよそ20年前、世界300ものビールを扱う『BEER HOUSE KEN』のオーナーとなるきっかけのひとつにもなった。

「海外のビールの美味しさに驚いた」と言わしめたのは、イギリス生まれの上面発酵ビールのペールエール。明治維新とともに日本にやって来た、日本との関係も古いビールだ。大室氏同様、当時の人々はその美味しさに衝撃を受けたのかもしれない。

イギリスのホップのキャラクターが前面に押し出された、刈り草やダージリン・ティーのような香りが特徴的。褐色がかった色味が物語るように、口中では熟したりんごのようなフルーティさが広がる。
冷やし過ぎずにゆっくりと、食事とではなく単体で、香りを存分に楽しんでほしい。

トレードマークである赤い三角形は、1875年に登録されたイギリス初の商標としても有名。マネやピカソの絵にも描かれているほど。

元祖ピルスナーのスッと消える苦みにヤミツキ「Pilsner Urquell」

チェコ

菌の世界を描いた名作漫画『もやしもん』で「ピルスナーの王」と謳われ、一躍人気に火がついた。「ウルケル」は「元祖」「原型」の意。そう、私たち日本人が最も多く口にするピルスナータイプの本家本元であり、原型となったビールなのだ。

誕生は、1842年のチェコ。それまでのものに比べ、香りは高いがアルコール度数は低く、色味は透明感があり、黄金色に輝く。その姿は、当時非常に画期的だった。

人々を魅了したのは、瑞々しいホップと、トーストを思わせるモルトの香り。そして純白でキメ細かい泡を見れば、ゴクリと喉が鳴るにちがいない。口に含むと、喉越しは軽やかで、最初の1杯に持ってこいだが、食中酒としても最適!ときと場所を選ばずおいしく呑めるマルチなところも魅力的♪

赤いマークは蝋のシーリングワックスを象ったもので、中央には1892年に創業50年を記念して建てられた醸造所の門が描かれている。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ