初体験!肉丼ならぬ「ローストビーフ油そば」が衝撃的に旨い!

今何かとブームな肉丼。2015年9月、新感覚の「肉そば」が新宿歌舞伎町に登場し話題を呼んでいるという情報を入手!コレは行くしかない!

「TOHOシネマズ新宿」の裏手にある新店には、オープン11時にして既に長い行列が!!早くも期待を高ならせつつ潜入レポートを試みた。

肉好き女子もうっとりすること間違いなしの「ローストビーフ油そば」の全貌をお見せしよう!!

店内はカウンターとテーブルを用意

オープン3ヶ月という店内は清潔そのもの。程良い熱気に満ちて落ち着きのある空間だ。

お1人様は勿論、カップルやファミリーで賑わい、この日の男女比はちょうど5:5くらい…新宿歌舞伎町という立地で女性でも気軽に足を運べるラーメン店は貴重である。

どきどきそわそわ待つ事数分…コレが看板メニュー「ローストビーフ油そば」だ。

ローストビーフはシングル80gからキング450gまで4種類を用意

やや大きめの黒いどんぶりの中には肉肉肉…艶めくローストビーフで麺が隠れてしまうほどの贅沢なフォルム。黒・ピンクのコントラストに緑(かいわれ)&白(きざみ玉葱)のアクセントも食欲をそそる。

「必読の食べ方」と書かれたメモを見ながら、いざ実食!!

まずはそのまま自家製ローストビーフをパクリ。部位はハネシタだそうで、程良いサシと赤身の肉々しさが凝縮した1頭から3~4kgしか取れない希少部位。(別名“ザブトン“と聞けば分かりやすいだろうか)

しっかりとした厚みで食べ応えあるローストビーフは、ただのトッピングの域を越えた主役級の美味しさで、しっとりした口当たりと肉の旨味とさっぱりとした肉汁が口の中で踊る。

続いて麺。どんぶりの底にタレが沈んでいるから、ムラなくしっかり混ぜて1口…。

ほんのり温かい秘伝の太麺はつるっとした喉越しに、もっちり&しっかりとした歯応えとコシがあり、たまり醤油をベースにニンニクが効いた熟成にんにく醤油タレが良く絡み、噛むほどに小麦の甘味も広がっていく。

“オイリー”を感じすぎない食べやすさは女性は勿論、男性にも嬉しいポイントだ。

店イチオシの”味変“にもTRY。

卓上に用意されたラー油や酢、無料トッピング(刻み玉葱・にんにく・茎わさび)をプラスして。

おすすめは茎わさび!ツーンとした心地よい刺激と薫りで爽快感UP。メリハリのある味わいに変化し、最後まで飽きる事無く食べられる名脇役だ。ただ…入れすぎは事故るので要注意。

ラー油には混合節オイルを混ぜ合わせたオリジナル。辛味の中にかつお節の風味がプラスされ旨味もUP。より奥深く濃厚な味わいへと変化する。

ラストは無料の追い飯をオーダー!

2・3口分のちょこっとご飯は、お茶碗サイズが食べきれない人にとっても嬉しいサプライズ。残ったタレを絡めて食べればお腹も心もどこかホッとする。ローストビーフを1枚残せばプチ肉丼も楽しめるおすすめ方法だ。

+\100で麺大盛りに変更出来る他、アボカドやパクチー、チーズクリームや温玉などトッピングも豊富に揃い、自分だけのオリジナル油そばを楽しむのも良いだろう。

メニューはスタンダード以外にも2種類。辛い物好きなら「辛味噌ビースト」。「クリームビースト」は西洋わさび(ホースラディッシュ)を使用し、マイルドな口当たりに爽やかな辛味と刺激で濃厚且つさっぱりの変化級が楽しめる。

1度に何通りもの楽しみ方が出来る新感覚「ローストビーフ油そば」、エンタメ性も抜群だ。是非1度ご賞味あれ!!

“眠らない街” 新宿らしく、11時から翌朝8時まで営業しているのも特徴だ。ランチ、深夜飯、飲みの〆、朝ご飯と使い勝手も抜群◎

【店舗情報】
『ローストビーフ油そば ビースト 歌舞伎町店』
営業時間 11時~翌朝8時(L.O.7:30)
定休日 なし
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-37-2鈴木ビル1F
TEL 03-5291-7333
カード 不可


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ