年末の忙しい時期に!小鍋でサクッと作れる簡単絶品レシピ4選

秋も終盤、まだ日中は過ごしやすいですが、さすがに朝晩はひんやりとしてきましたね。そんな時は、鍋であたたまりませんか?一人でも食べきれる、簡単手間いらずで、お財布にも優しい小鍋だて。

仕事帰りでも無理なく作れる、庶民のレシピを、江戸料理の名店に直撃!もちろん、材料を多めに用意すれば大人数でも楽しめる。

庶民の鍋文化はいつから普及?

鍋ものが料理として確立されるのは、江戸時代も末期にさしかかる頃。ここ150年ぐらいのこと。当時は、鍋といっても具はせいぜい1~2種類程度で、3つも入れば寄せ鍋だったと言われている。ポピュラーだったのは、湯豆腐や軍鶏鍋、蛤鍋など。江戸の頃は小鍋だてが流行っていたようだ。

それが、明治に入って文明開化となり、牛鍋の流行と共に、大勢で一つの鍋を囲むスタイルが普及。鍋ものは次第にスタンダードな食事として定着していったようだ。そしてその普及の背景には、農村などで古くから行われていた囲炉裏を囲んでの食事があげられよう。これが、鍋料理の原点とも言えるかもしれない。

簡単小鍋レシピ①
「カキと春菊」

海のミネラルたっぷりのミルキーな旨みを持つカキに、どこかほろ苦さを含んだ特有な香りの春菊がいかにもオツな小鍋。酒肴にも向く1品です。カキから旨みがたっぷり出てくるので、出汁は不用。手軽な点も嬉しい限り。

【材料】
・カキ…10~12個
・春菊…1/2束
・酒/塩…少々
・ポンズ醤油
・もみじおろし

【レシピ】
①湯が温まったら酒と塩少々を入れ、カキを投入
②カキにある程度火が入ったところで春菊を

春菊は煮すぎぬように要注意です。
カキと時間差で温めた煮えばなを食すのがベスト。ポンズ醤油やもみじおろしでどうぞ。

簡単小鍋レシピ②
「軍鶏鍋」

〝軍鶏鍋〟と言われて思い浮かぶのは、あの「鬼平犯科帳」に登場する本所二ツ目の「五鉄」。長谷川平蔵がこよなく愛した贔屓の軍鶏鍋屋ですかね。割り下で甘辛く仕立てる小鍋はいかにも江戸風。

【材料】
・軍鶏(鶏肉でも可)
・長ネギ
・醤油/みりん/酒
・卵

【レシピ】
①水8に対して酒、みりん、醤油が各1ずつの比率で割り下を
②熱くなったら、まず鶏肉、少し煮えたところで長ネギを投入

鶏肉の脂とネギの甘みが会心の組み合わせでしょう。
そのままでも十分な酒肴となり、溶き卵にくぐらせれば、俄然ご飯が欲しくなる一品です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo