モテるため電車の中すら無駄にはしない!通勤中の腹筋トレーニングを伝授

食欲の秋もさることながら、「おいしいものは脂肪と糖で出来ている。」と某CMで言っていたように、ついつい食べすぎてぽっこりとお腹が出てきていませんか?

そこで今回は、通勤途中や、就寝前のほんのひとときに、多忙なビジネスマンでも実行可能なお手軽〝ながら〟トレーニングをご紹介。憧れのシックスパックへの第一歩を踏み出してみましょう。

◎今すぐ実践可能なビジネスマンの"ながら"腹筋トレーニング
Part1~通勤編~

実は、立っている状態でのトレーニングは数少ないので、つり革や、手すりをうまく利用するとよい。
満員電車で迷惑にならない程度にチャレンジしてみよう。

サイドベント

~HowTo~
① 腕を伸ばした状態でつり革や、上部の手すりを掴む状態がスタート。
② バッグ等を持った手のほうへ上半身を横に倒し、腹壁(お腹の横)を意識して、ゆっくり身体を引き起こす。

~POINT~
気をつける点は、猫背にならないように姿勢を正すことと、バッグを持った手をリラックスさせること。

アブドミナルスクイーズ

~HowTo~
① 内臓のぽっこり系お腹に効くトレーニング。横隔膜(筋肉の一つ)を意識し、息を吸ってお腹を膨らませる。いわゆる腹式呼吸。
② 肩をリラックスした状態で、背骨に向かって斜め後ろにおへそを引き上げる意識で、息を吐く。これを1駅分繰り返す。

~POINT~
姿勢よく、力を抜いた状態で行うこと。ハードなので無理は禁物。

アイソメトリックツイスト

~HowTo~
① 手すりを掴んで、腕の角度を変えずに固定。
② 上半身をひねって、下半身を逆方向にひねる。身体を絞るような感じで、外腹斜筋(横っ腹)に力を入れる。

~POINT~
肘と肩を固定して動かさず、上半身と下半身を切り離す意識をすることがポイント。また、呼吸を止めないことも重要。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ