魚の聖地銀座で抜群に旨い魚が食べられる厳選ランチ8選!

銀座は世界でもイチニを争うほど、魚の宝庫。 築地が近いと言う理由もあるが、

魚にうるさい舌の肥えた客が多いということが本筋だろう。

そんな美味しい魚が集まる銀座で、コストパフォーマンスの高い

ランチを総力取材! まずは、和食、そして中華、フレンチを紹介する。
たまには足をのばして、昼から銀座で口福体験を!

銀座御膳(自家製豆腐、刺身、自家製小蕎麦、魚煮付、天ぷら、ごはん、味噌汁、香の物、デザート)¥2,700

醤油と水だけで煮付け新鮮さを残した魚の美味『魚匠 銀平 銀座店』

鯛めしと煮付けが名物の関西の名店が8年前に銀座に進出。毎朝、和歌山の港から届く新鮮な魚と辻村史朗氏の器が東京でも人気だ。

ランチは『銀平』の味を全て味わってもらいたいと、大盤振る舞い。名物の煮付けは、和歌山の醤油と水だけで手早く炊き上げられているため、ふっくらと蒸されたような味わいで、煮魚の概念が変わる。

刺身は、厚めに切られ歯応えがある。1,620円の煮魚御膳や焼魚御膳では、「魚の顔見世」が楽しめるなど、ランチは美味しさとともに随所に関西らしいサービス精神が感じられる。

三亀の一品料理2品(焼き物、刺身、煮物から2品、小鉢、ごはん、味噌汁、香の物、果物)¥2,000

丁寧に手をかけられた本物の和食を味わう『三亀』

渡辺淳一氏や伊集院 静氏など政財界や文豪に愛される和食の老舗。夜は接待のお客でいっぱいになる。ランチも夜同様に品物重視で魚を選び、丁寧に手をかけられた品が並ぶ。

この日の焼物であるかますも、水がますではなく、身にコクのある本がますを使用。「昼だからと気を抜いた商売はしていません」との言葉通り、火で炒ったまろやかな粗塩をかけて一夜干しされた焼魚が出される。

味噌汁も味が変わらないよう、出す分だけ小鍋でつくるなど、お客一人ひとりのための心づくしの味がいただける店だ。

にぎり(8貫)、巻物、卵¥4,000

計算し尽くされたこだわり赤酢とネタ『鮨鈴木』

カウンターに出されたお寿司を見て、ハッとする。しゃりが玄米のような赤みを帯びている。

実はこのしゃりこそ、鮨鈴木のこだわり。旨み成分が高い赤酢と米酢を独自にブレンドした酢飯は、ネタの美味しさをより一層引き出してくれる。とくにコハダやまぐろなど、味が濃いネタとの相性はバツグンだ。ふわっふわで甘みのあるたまごはデザート代わりに。

夜に比べて半額ほどのお値段でいただける理由を聞くと「ランチは出血大サービス。まずはお店のことを知ってもらえたら」と店主の鈴木さん。シャイで人情味溢れる笑顔が印象的だった。

ランチコースより“太刀魚のソテー赤万願寺ソース クレソン 焼き野菜”(前菜、お椀、お造り、揚物、口変、油物、食事、デザート)¥8,640円※前日までの要予約

ディナーと同素材の料理を楽しめる贅沢『Kuma3』

細やかなもてなしとモダンな料理、色気のある設えから、特別なデートや接待需要が多い和食店『Kuma3』が今年9月、満を持してランチをスタート。

品数、旬の野菜の多品種使い、ソースを用いた華やかさの演出は夜同様。フルーツトマトのチーズがけや常陸牛内もも肉のロースト、食事には人気の鯛飯のメニューを織り込むなど、ディナーと同じ素材・調理法を用いた料理をコースで楽しめる。前日までの要予約。

しっとり和める個室も4 種あり、ニーズによって選択可。予約時に指定をお忘れなく。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ