東京タワーの絶景はそのままに、愛宕の『XEX』が10月から新始動!

2001年9月27日にオープンした『XEX ATAGO GREEN HILLS』が15周年を迎えた今年、リブランディングするという。いち早く、その全貌を把握するべく、グランドオープンに先駆け、レセプションに潜入取材してきた。

まずは内観。東京タワーの夜景を独り占めできる感じは変わらないのだが、ソファなどがリファインされモダンな雰囲気に。オレンジのレザーが洗練された面持ちだ。

サルヴァトーレ・クオモのイタリアンをベースにした東京 No1 のチャコールグリルステーキハウスがこちら。世界の名だたるレストランでも導入され始め、日本に 3 台しか導入されていない「Josper Grill Oven」で雪室熟成肉や、大地の恵みが、シンプルに調理し最高の状態で提供される。

ちなみに雪室とは雪深い新潟で古くより受け継がれ、低温・多湿の環境が保たれることから米や果樹・野菜などの貯蔵庫として利用されてきたもの。この雪室で食料品を貯蔵することにより糖分やビタミン・アミノ酸等が蓄積され甘みや旨味が増進されるというから驚きだ!

ユネスコ無形文化遺産に登録されたわが国が誇る「和食」。四季を取り入れた会席をメインに、新たに天ぷらカウンターが登場。これは海外からの客人をもてなすのにもうってつけかと。

安定の鮨カウンターも健在。白木のカウンターからは遠くにスカイツリーも望める。東京を征服した!そんな気持ちになれるのも、東京で成功した人間にはうってつけだろう。

そしてバーエリアに無造作に置かれたさとうきびも面白い。これを一本一本オーダーが入るたびにすり潰す。沖縄でもあまり見られないレアな機械もこのために導入したとのこと。そうやって作るのが、みんな大好きなあのカクテルなのだ。

正解は、モヒート。こちらのシグネチャーカクテルとしてリブランディングを記念して登場した。モヒートはもはや定番カクテル。秋でも冬でも飲みたいカクテルになったわけだが、自然な沖縄産さとうきびの甘みが心地よい。

といったわけで、従来のいいところはそのままに『XEX ATAGO GREEN HILLS』が生まれ変わった。これを機会に、デートに接待に、はたまた海外の友人をもてなすのに使ってみてはいかがだろうか?


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ