週末の優雅な朝を約束する、ホテルの絶品エッグ朝ごはん厳選4選

ブロッコリーとチーズのふわふわホワイトオムレツ

これが健康重視なホワイトオムレツ!
ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』

恵比寿

高たんぱく、低カロリーネオ卵料理の旗手

今、ヘルスコンシャスから注目を集めている朝食が、こちらの「ホワイトオムレツ」。コレステロールやカロリーを気にする海外のビジネスマンからの引き合いが多く、日本でも卵料理の一ラインアップとして定着しつつある。淡雪のごとき、白い見た目のインパクトもさることながら、効率よくエネルギーを摂取できる優等生ぶりも見逃せない。

良質なタンパク質を効率よく摂取できるメニューになっており、まさに“食べるプロテイン”ともいえる一皿。

卵3つ分の卵白をメレンゲ寸前までかき混ぜ、バジルとチェダーチーズ、塩で味を調節。通常のオムレツとは一線を画し、ホワッとした食感で舌を楽しませてくれる。付け合せのブロッコリーとトマトは、食べ合わせで栄養価を高め、相乗効果を生み出す「スーパーフードRx」に基づいたもの。まさに、ウェスティンのブランドコンセプトである“ウェルネス”を体現した一皿といえる。

プルーンパンプディング(内容は日によって変わり、提供しない日もある)

これが話題のパンプディング!
グランド ハイアット 東京『フレンチ キッチン』

六本木

アメリカ版“おふくろの味”おめざなエナジーチャージャー

朝から様々なリュクスメニューが楽しめるフレンチキッチンのビュッフェでは、アラカルトから和食まで好みの朝ごはんで満足いくチャージができ、“My & Only”のブレックファストが堪能できる。
いま、パンケーキに続き耳目を集める“ザ・ネクストエッグ”が「パンプディング」だ。昔から“お母さんの味”として欧米で愛されているものだが、こちらのフレンチキッチンでもいただける!

朝食に自信あるグランドハイアット東京だからこそ実現した「プルーンパンプディング」は、味だけでなく随所に小技が効いた極上の卵料理。
朝からタンパク質(卵)、炭水化物(ブリオッシュ)、繊維質(プルーン)がバランスよく摂取できる。プルーンの酸味と卵の優しさに加え、口にほどける渾然一体となったほのかな甘みがやみつきになる。ネオ卵料理として、男なら押さえておくべき逸品である。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo