ウルフギャング ワイキキ店のロコモコがランチで上陸!

最上級熟成肉ステーキを本場NYの味わいとボリュームでいただける『ウルフギャング・ステーキハウス』。
そのハワイ・ワイキキ店で、絶大なる人気を誇るランチメニュー「ロコモコ」をご存じだろうか?
なんと10/1(木)より、『ウルフギャング・ステーキハウス』国内3店舗(六本木/丸の内/大阪)にて、噂のロコモコを含む新ランチメニューが登場する。

噂の「ロコモコ」はコスパ抜群

新ランチメニュー1つ目「ロコモコ」は、元々ハワイ・ワイキキ店の裏メニューだった。しかしあまりに多くのファンに支持されたため、定番人気ランチメニューへ登り詰め、このたび日本初上陸と相成った。

贅沢に“プライムグレード”のUSビーフを挽いて作ったハンバーグ(大きさは堂々の280g!)をライスの上に鎮座させ、マッシュルーム入りのグレイビーソースをたっぷりとかけた逸品。
値段も1,800円ということで、プライムグレード品質の味を気軽にお楽しみいただけるチャンス♪

ランチだって、プライムグレードをしっかり味わいたいなら「プライムリブ」

2つ目の新ランチメニューは「プライムリブ」!
こちらは、米国農務省が最上級品質に格付けした“プライムグレード”のリブアイ(アバラ近くの柔らかい部位)を、約3時間かけてじっくりと低温で焼き上げたローストビーフ(約300g)だ。

一番の特徴は、ドライエイジングした肉ならではの柔らかさと独特の風味。その特徴を味わうために、比較的あっさりした”オージュソース”(肉と野菜で出汁をとるソース)をかけて食べるスタイルだ。

薬味として添えられたホースラディシュ(西洋わさび)やクリームホースラディシュも絶品だ。
付け添えのマッシュポテト、クリームスピナッチ、コーンクリームも相性抜群!一口ごとに変化をつけて楽しんでみよう。

創業者ウルフギャング・ズウィナー氏


『ウルフギャング・ステーキハウス』極上ステーキの条件

“品質、熟成、焼き”への徹底的なこだわり

品質:ウルフギャング・ステーキハウスでは、米国農務省が最上級品質「プライムグレード」に格付けした希少な牛肉のみを使用。

熟成:冷凍せずにチルドで仕入れた肉を、店内の専用熟成庫で適正な温度・湿度管理により一定期間ドライエイジング。

焼き:長期乾燥熟成によって旨味と柔らかさが増した赤身肉を厚切りにして900°Cのオーブンで一気にお皿ごと焼き上げる。

ランチ、ディナーにかかわらずこの3つの条件を厳守することで、極上のステーキがもたらされる。

六本木店の店内の様子

■新ランチメニュー概要

店名:ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー
【六本木店】港区六本木5-16-50
      六本木デュープレックスM’s1F
      TEL.03-5572-6341
【丸の内店】千代田区丸の内2-1-1
      丸の内MY PLAZA 明治生命館B1F
      TEL.03-5224-6151
【大阪店】 大阪市北区梅田3-1-3ルクアイーレ10F
      TEL.06-6136-5658
発売開始: 10/1(木)~
ランチ営業時間: 11:30~14:30(L.O.)
 ※大阪店11:00~
新ランチメニュー:①ロコモコ 1,800円 ②プライムリブ 5,800円(全て税別)
公式HP:http://wolfgangssteakhouse.jp/
Facebook:www.facebook.com/wolfgangssteakhouse.jp


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ