汐留タラレバ娘 Vol.2

汐留タラレバ娘:34歳独身女。若い女と一緒の箱に入れるのは、大罪だ!!

前回までのあらすじ

会社の後輩・桜子の豪華すぎる結婚式に完膚無きまでに叩きのめされた独身34歳3人組のアキコたち。化粧品会社で、経理課長代理として働くアキコは、仕事もそこそこ順風満帆だが彼氏はいない。そして左手薬指は3人揃ってガラ空きだ。
後輩の幸せのあら探しをして、女子トイレで毒づくことで、何とか折れそうな心を維持するものの、どうにも満たされない心のモヤモヤ。
そんな3人がトイレから出た時、同じ会社の営業部のエリート・玉置に声をかけられ、二次会として皆で飲み行くことになったが・・・

前回:陳列棚の奥へと追いやられる、34歳独身女3人

「♪会いたくて会いたくてふるえるぅー!」

玉置に誘われるままに、六本木交差点近くのカラオケ「フィオーリア ariablu」に向かったアキコたちを待っていたのは・・・

—営業部の奴らって・・・女もいたんかい!—

ひょっとしてひょっとしたらの恋のハプニングを期待したアキコたち。10分前にトイレで入念に直した化粧直しの上から再度、パフで粉を叩き込んだのに。

「ね。玉置さんって独身?」

「結婚してるって噂は聞いたことないね。」

なお美の言葉に少しだけ気分が華やいだアキコに待っていたカウンターパンチ。


指定された番号のついた部屋のドアを勢いよく開けた途端に西野カナの曲が耳につん裂く。
若い女と30オーバーを一緒の箱に入れるのは、大罪だ。隔離政策のごとくテリトリーを分けるべきなのだ。 若さの凶暴さは、ピラニアの如く我々のメンタルを食いちぎってしまう。同じ檻の中に入れられたが最後、30オーバーの女たちは無傷では出てこられない。

許されるなら回れ右をしたい。今ならボルト並みのスタートダッシュを切れる自信がある。そんなへし折られた鼻なぞ知る由もない玉置が気付いた。

「お、待ってました!どうぞどうぞー!」

個室には、玉置を最年長に、営業部の20代後半と思しき男性3人と、同じく20代中盤くらいの女性2人。営業部の若い男の子たちは、キリコたちに一瞥をくれたが、そのまま西野カナを歌っている女に合いの手を入れている。

「おいBBAが来たぞ。」「おいおい、勘弁してくれよ。」「ファンデーション厚塗りしすぎだよ」という若造たちの心の声が聞こえて来るよう。
妄想をかき消すように先制パンチで心の中で毒づく。

—この子達、お辞儀ぐらいしなさいよ。営業部、いつも請求書処理一番遅いくせに!—

若い男たちを前にするとどうしたって、心が卑屈になる。おばさんキャラに開き直れば楽なのだけど、まだそこの域にいくには早いと変なプライドが邪魔する。



「♪君を想うほどぉにつよく感じてぇー」

歌っている女は、すでに出来上がってるようで、目を閉じて気持ちよさそうに歌っている。その頬は赤く目はとろんと潤んでいる。ソファーの上に立ち、ピンクのミニスカートのワンピースからは、艶かしい生足が覗いていて、マイクを持つ二の腕は、ゴボウのように細長い。

—平成生まれって骨格も違うの・・・—

アキコは、先ほどまでの色めきたった気持ちが急速にしぼんでいく。

ふと、自分の二の腕と目があう。昔は、気にならなかったのに、最近二の腕を上げた時、ブルドックのようにタプタプと揺れる肉が、何かにつけてアキコに視線を送る。ぷるぷると気持ち良さそうに揺れるだぶつきが恥ずかしくなって、バッグに忍ばせたストールを不自然じゃないように巻く。

気付いた玉置が声をかける。

「あ、寒いですか?」

「あ、えぇ、少し・・・」そう言って顔を赤らめたが、部屋の中は、熱気でむんむん。玉置は額にうっすらと汗の粒が浮かんでいた。

なお美と貴理子がドン引きしているのも一目瞭然だ。
携帯をさりげに取り出して、電話がかかってくる振りを演じてカラオケボックスの外へと逃げた。現実を直視する勇気がない女たちは、こうして携帯の中に逃げ、男とメールをしているかのように、忙しい女、寂しくない女を演じるのだ。

【汐留タラレバ娘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ