ジュージュー焼ける香りと熱!都内人気鉄板焼の厳選8店

味付けはメキシコ産岩塩をベースにシンプルな形で。都心部の夜景にも目を奪われる

テッパンヤキ スミダ

ロイヤルパークホテル/鉄板焼すみだ

クラシカルな手法が五感の喜びを呼び覚ます

鏡のように磨き込まれた鉄板の上に、オリーブオイルをひと吹き。やがて目が、耳が、無意識のうちに美食への期待に打ち震えゆくディナーの幕開けだ。

『ロイヤルパークホテル』最上階にあるこの店は、奇を衒わぬクラシカルな鉄板焼で勝負する。食材は産地指定、旬の味覚を吟味。オリーブオイルと香り付けのゴマ油、芳醇なバターで素材の持ち味を引き出していく。街場で噂になる鉄板焼店のように、ゲストの目を引く派手なパフォーマンスは敢えて封印。

それは、場所に相応しいもてなし方を心がけている証。そんなホテルならではの落ち着いた所作が安心感を生み、ゲストは思い思いの時間を、時にシェフの手元に興味をそそられつつ、ごく自然に五感でシズル感をキャッチしながら、いつしか至福の時へ。

メインダイニングからは、光彩を放つ東京タワー、食後のデザートコーナーでは、東京スカイツリーのシルエット。その姿も充足感に華を添えてくれる。

ランチセットのメニュー例。メインのミニッツステーキはコスパも抜群だ!

テッパンヤキ セキシンテイ

ホテルニューオータニ/鉄板焼 清泉亭

シルバーウィークに東京を訪れた客人のおもてなしにも最適

秋になってもまだ緑が濃く茂るホテルニューオータニの日本庭園。1万坪の広さを誇り、400年もの歴史を有するこの庭にたたずむ「清泉亭」は、3つのシェフズテーブルからなる小亭の鉄板焼。香ばしく焼ける肉や野菜をすぐ目の前に、自然に笑みがこぼれてくる。

鉄板焼きは楽しみたいが、なかなか長い時間を過ごすのが難しい方にうってつけなのが、ご自慢のランチのセット。
例えばランチメニュー”若草”のメインのミニッツステーキ。これはディナーに出される特選和牛のサイドの部分を使用。肉の味はそのままにお手頃価格となり、その形状から焼き上がりは通常よりも早い。

さらに時短ポイントなのが、この店が駐車場を有しているということ。クルマで乗りつけ、徒歩移動なく店に入れるという手軽さが嬉しい。

※こちらの店舗は現在閉店しております。

焼き手の舞台とも言うべきカウンター。ゲストは焼き手を指名して着席することも多いという

テッパンヤキイチョウ

ホテル日航東京/鉄板焼 銀杏

最高の状態の熟成肉を自分だけのコースで

見事な日本庭園を望める、和の『鉄板焼 銀杏』。4つのカウンターを抱えるこの店では、近江、佐賀牛などA4ランク以上の和牛を、イノシン酸が最も多いベストな熟成タイミングで供する。だからこそ、味付けは岩塩でシンプルに。和牛そのものの味わいを引き立てるプロの技に、太鼓判を押す食通も多い。

また、締めのガーリックライスもオープン当初からの名物。和牛の焼き脂が馴染んだ白飯に、白にんにくと黒にんにくが香るライスは、芳ばしさとおこげに誰もがはまる傑作だ。

鉄板焼の醍醐味はゲストとのコミュニケーション。その利点を最大限に生かした料理長お薦めがプリフィックスコースだ。
ゲストと会話しながら前菜や魚料理、ワインまで、全てを焼き手がコーディネートする。
鉄板割烹と称される同店に相応しい、究極のコースと言えそうだ。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo