ワイン愛好家に捧ぐ!評論家が絶対お奨めの安旨ワイン厳選9本

飲みごたえ抜群なアルゼンチンの代表品種

今回のラインナップ中、もっとも肉食系の人たちに試してもらいたいワインがこれ。アンデス山脈の麓、700~1100メートルの高地で栽培されるマルベックは、緻密な構造をもち、オークの香ばしさも上々。著名なイタリア人醸造家、ロベルト・チプレッソがコンサルティングしているというのもポイント。/ジェロボーム TEL03-5786-3280

世界遺産の畑から生まれる、癒し系の白ワイン

レマン湖を望むスイスのラヴォーは、世界遺産に登録されているワイン産地。ここで造られるシャスラの白ワインは、いくら飲んでも飲み疲れしない癒し系。シャルドネとソーヴィニヨン・ブランが少しづつブレンドされたこのレジェンドには、ストラクチャーとアフターの伸びも加わる。辛口で寿司にもぴったり。/いまでや TEL043-264-1200

日本ワインコンクール金賞のボルドーブレンド

今年の日本ワインコンクールで、欧州系品種赤部門の金賞に輝いたのが、このボルドーブレンド。自社畑で栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨン45%、メルロー45%、カベルネ・フラン10%から、バランスよく、複雑味のあるワインが出来上がった。好天に恵まれた2012年は日本ワインの当たり年だ。/メルシャン TEL0120-676-757

イタリアワインの革命児が手がけるシチリアの赤

今、イタリアで面白いのがシチリア。90年代に一世を風靡したバローロ・ボーイズの立役者、マルコ・デ・グラツィアが惚れ込み、自らワイナリーを起こしてしまったほど。ネレッロ・マスカレーゼに少量のネレッロ・カプッチョをブレンドしたこのワインは、まるでピノ・ノワールのようにエレガント。/フードライナー TEL078-858-2043

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo