安くて美味しい! 東京の最新お土産グルメ厳選10品

大型連休にホームパーティに誘われているひとも多いのでは? 友人や家族が集う場所でこんなフォトジェニックなお持たせをもっていったら、きっと皆から羨望の眼差しをうけるはず。ここに並ぶのは美味しくて、コストパフォーマンスもいいテイクアウトグルメたち。一気に東京の最新テイクアウト10品紹介!

イタリアンソーセージ、ペパロニスライス各¥500

スライスで楽しむNYスタイルのピザ『Pizza Slice』

ニューヨークで修業した、ピザ好きのオーナーシェフ・猿丸浩基氏が手掛けたピザ屋さん。

ニューヨークではポピュラーなスライス売りをするのは、東京ではここだけ。サイズは大きいがピザ生地は薄め。スナック感覚で、小腹が空いたときにもサクッと軽く食べられる。

奥からピキージョ¥280、メンプリージョ¥280、カニチャカ¥220、生ハムチャカ¥280

世界で250店展開するバルの顔ぶれ多彩なピンチョス『LIZARRAN 赤坂見附店』

スペイン発祥バルの日本1 号店。看板のピンチョスは、常時10種がショーケースに並ぶ。

ピンの長さで価格が変わり、短いものが¥220、長いものが¥280。ピキージョやカリンのジャム・メンプリージョなど、スペインらしいラインアップは目にも楽しく、ホームパーティにぴったりだ。

パテドガレット¥850

世界初! 食べ応え抜群のオンリーワンラップガレット『ガレット スタンド』

石臼挽きしたそば粉のガレットに、自家製パテ ドカンパーニュを1 カット入れ、キャロットラペ、紫キャベツなどの野菜と一緒にラップした新感覚ガレット。この形は本場フランスにもまだ無いのだとか。

手を汚すことなくかぶりつけるスタイルは、食べ歩きにもぴったりだ。

おでん¥2,100(容器代別途¥350)

缶に入れてお持ち帰り可能な老舗のおでん『お多幸 新宿店』

大正12年から続くおでん屋。おでん種はおまかせで、8~10種をその場で缶に詰めてくれる。

創業時から継ぎ足すつゆは、別容器で提供。初回に¥350で缶を購入し、次回来店時に持っていくとおでん代¥2,100のみでオーダー可能だ。洋風なものが並びがちなパーティでは一目置かれること間違いなし。

ロティサリーチキン1羽ローストポテト付¥3,000。要予約

フレンチデリとワインが楽しめるデリ&カフェのロティサリーチキン『Le Plus 三宿』

本格的フレンチデリにワインショップを併設した一軒。

人気のロティサリーチキンは、抗生物質を一切使わずに飼育した茨城県産つくば鶏を天然ハーブやスパイスで1 日以上マリネし、味に層を重ねる。ローストポテトを合わせて大勢でいただこう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ