少し涼しい時期はこれ!抜群のつまみが堪能できる寿司屋7選

「最初から握り派」が急増している昨今。でもやっぱりお寿司屋さんにいったら、まずは美味しいお酒とおつまみですよね。
握りだけでは表現できない味が「つまみ」にはあるのです。
そろそろ日本酒も美味しく感じられるこの季節、おつまみがとにかく美味しい名店たちを濃密にご紹介!!

大トロの塩こしょう。沖縄の焼き塩と芽ねぎを巻いて食す

あの手この手で旬魚を愉しませる
『すずき』

まだヒルズもミッドタウンもなかった2000年に六本木の裏通りに暖簾を掲げた『すずき』。“鮨バブル”と呼ばれた時代を経てもなお、その勢いが衰えないのは、実力店であるなによりの証拠だ。

おまかせでは、握りのまえに趣向が凝らされたつまみがなんと10種も供される。リズムよく出される美味の数々に、つい杯を空けるペースも早くなる。

「ダメになった食材を加工しても旨くない」という言葉通り、つまみに使われる魚も鮮度抜群。よい食材を絶えず探し求めて、アンテナはつねに全開。休日は山形の農家まで出かけるなど、店主のバイタリティは、さすが鮨店が群雄割拠する六本木育ちといったところだ。

10代から鮨割烹で修業をはじめたというだけあって、その“引き出し”の多さにも驚かされる。思わず生肉と錯覚するような大トロの塩こしょうやマスカルポーネに酒盗をのせたものなど、独自のセンスがキラリと光るつまみの数々。握りにたどりつく前に満腹、とならないようにご用心!

じゅん菜 すずき流。秋田のじゅん菜に特製の土佐酢をかけて。これを楽しみに訪れる常連客も多い。

刺身3点盛り。北海道の時不知が絶品!

琵琶湖産の天然稚鮎の煮物。稚鮎の繊細さを殺さないあっさりと上品な味つけ

居心地の良い空間で多彩なつまみを
『まつだ』

オープンは2012年、主の松田成正さんはこの道が長い経験豊かな職人。以前の店の親方に惚れ込んで、親方の引退まではと14年間共に働いた。実はオーストラリアに行くつもりで永住権を取得していたが、親方に学びたい一心で手放したという。それほど惚れ込んだのは鮨の仕事ばかりではなく、親方の接客の見事さにもあった。

それは脈々と受け継がれ、物静かながら松田さんも気負いなく客を楽しませるツボを心得ている。飲んでいるとスッスッと出されるつまみには、煮ものや茶碗蒸しなどひと手間かけた料理が多い。それがゆったりと飲ませる絶妙な間合いで提供されるのだ。

注文はおまかせの他、お好みもあるというから懐は深い。握りは小ぶりで上品な佇まい。羽釜で炊いたシャリには力強さがあり、口中でしっかりネタと向き合う。

この店には客の心をふわりと握るような居心地のよさがある。敷居の高い銀座にあって、うれしい店のひとつだ。

まぐろのトロのステーキ。火を入れることで脂に旨みが増している。その他つまみの内容は日によっても変わる

あん肝のように蒸した真子鰈の肝。コクとほのかな甘みが日本酒を呼ぶ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ