身に付けたジュエリーはウン百万円!セレブな美女は焼肉がお好き❤

セクシーな美女の代名詞と言えば、マリリン・モンロー。その艶やかなボディラインをキープするためにさぞかし、ダイエットに励んだのだろう、、、と思いきや、意外や、彼女はステーキが大好きだった。

毎晩自分でスーパーマーケットに寄っては、ステーキ肉、ラム・チョップ、レバーなどを買い込みオーブンで焼いて食べていたそう。

狩猟時代の女性は獲物の肉を、ただただ待っていただけなのかも知れませんが、時代は変わり、美女は自ら率先して肉を食らうのですよ。

そんな中、日本の女子の肉事情。ご多分に漏れず、肉食女子が東京には溢れている。ということで、そんな彼女たちの生態に迫ってみた。

女子会やバースデーパーティーも全部、焼肉屋さん❤

今回、ご登場いただいた美女は小宮香織さん、26歳。ほのかに焼けた小麦色の肌がなんともセクシーな美女である。なんでも5月にハワイ、6月、7月に沖縄に旅行に行っていたからだそう。

毎晩、グランメゾンや夜景の綺麗なイタリアンで食事をしてそうな雰囲気だが、そんな彼女、大の焼肉好きなのだ。

「とにかくお肉が好きなんです。なかでも特に好きなのは焼肉!まわりの女友達もみんな焼肉好きなんで、女子会はだいたい『ジャンボ白金』で、ってことが多いです!」

なんとも気さくな雰囲気が可愛い彼女だが、その胸元に輝くネックレスに注目すると……、なんともゴージャス。聞けば、モナコ王室御用達のジュエリーブランド「ヴァン クリーフ&アーぺル」のものだとか。

「これっていくらぐらいで買えるのかな?ジュエリーは母と兼用で使っているものもあるから、値段は分からないのですが……」

「!!!???」

何でも、お父様が内装業の会社を経営なさっているとか。小宮さんはただの美女ではなく、社長令嬢セレブ美女だったのだ。

といいつつ、最近は滅多にお目にかかれなくなったユッケをパクり。このユッケの美味しさは後述するとして、美女とユッケはこの上なく、なまめかしくセクシーだ。

「お綺麗ですよね?」

「ありがとうございますw学生時代は某ファッション誌の読者モデルをやったり、もう辞めているのですが、タレント事務所に所属していたこともあったんです。最近だと、セレブなお子さんだけが集う学童保育で保母さんをしてました」

保母さん!こんなキュートな保母さんがいるのも驚きだが、学生時代は焼肉店でアルバイト経験もあるのだとか。

時計はカルティエのダイヤ入りの「パシャ」、そして指には、これまたカルティエのダイヤがまぶしいリングが。バッグはセリーヌの「ラゲージ」で、サンダルはクリスチャン・ルブタンのウエッジソール。

特にカルティエのリングはウン百万円だそう。。。シャンパンを飲む姿も、そりゃ、サマになるってもの。

「ちなみにお酒はお好きなのですか?」

「はい❤焼肉屋さんではシャンパンから始まって、そのあとは赤ワイン。とはいえ、生ビールも大好きですよ!とにかくお酒は好きなんです」

「で、ユッケのあとはどうしますか?」

「いきつけの焼肉屋さんしか行かないから、オーダーは基本的にはいつもお店にお任せすることが多いです」

さすがはセレブ美女、オーダーの仕方もセレブなのだ。

「彼と一緒ならオーダーも焼くのも、全部、彼に任せちゃいます❤」

え???彼???突然の彼あり発言にちょっとショックが隠せない。

「ちなみに、付き合ってどれくらいなんですか?」

「・・・・・・式はまだなんですが、つい先日、結婚したんです!」

な、なんと、人妻ですか。旦那様は、某会社で役員を務めるビジネスマン。セレブはまたセレブに磨きがかかるもんなんですね。新居は都内某所の高級レジデンスと、これまた羨ましい。

「彼とはずっと知り合いだったんですが、それから去年にちゃんとお付き合いするようになって、あっと言う間に8カ月で結婚することになったんです!彼とのデートも、もっぱら焼肉屋さんが多いかな?」

肉食女子、恐るべし、だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ