麻婆、担々、激辛鍋!後引く旨さの激辛グルメ11選

四川麻婆豆腐。この刺激的な味、やはりご飯が欲しくなる

四川山椒のさわやかな香りと痺れる辛さ!
『四川料理 蜀郷香』の「四川麻婆豆腐」

四谷三丁目

四川料理の真髄となる熱を持った辛さと華やかな香りが身上の『蜀郷香』。おすすめはやはり四川麻婆豆腐。

四川山椒の痺れる辛さ、麻(マー)と唐辛子の熱のある辛み、辣(ラー)の後、押し寄せる旨味が渾然一体に。

山椒とオリジナルブレンドの特製豆板醤が決め手の麻婆豆腐

四川直送の食材で本場の辛旨を再現
『ホイ』

恵比寿

オーナーシェフが中国のものよりも美味しいと絶賛する日本の豆腐を引き立てるために、にんにくや生姜を使わない。時付けが四川直送の黒豆(豆鼓)とオリジナル豆板醤・挽肉を炒め中国溜り醤油。たっぷりの山椒が、辛さに奥深さを加える。

種類が豊富なランチは混雑必至!中華好きでなくとも毎日通いたくなるリーズナブルな価格と居心地の良い雰囲気も魅力だ。

夜は仲間と大皿を取り分けあうのもよし、昼はピリリと辛い麻婆豆腐でお腹を満たすもよし。気分とタイミングによって使い分けることのできる貴重な中華レストランのひとつだ。

香辣焼鶏塊(小盆)。強い火力で仕上げた四川風鶏肉の辛子煮 。複雑な旨味。メニューは仕入れ状況などにより異なる。写真は一例

多種の香辛料で旨みと辛みが広がる
『中国料理 四川』の「香辣焼鶏塊」

白金高輪

広東料理が圧倒的多数を占める東京ホテル中華にあって、ホテル開業以来、四川料理一筋の『四川』料理長・橋本暁一氏。日本における四川料理の父・陳建民氏の直弟子として学び、その後多くの後進を輩出してきた。

自ら四川省に足を運び、食材や香辛料を吟味し、本場の味に触れる等の研鑽も怠らない。その功績が称えられ、「黄綬褒章」も受章。

作り置きはせず、素材や料理ごとに味を見ながら作ると言う醤。なかでも20種ほどの香辛料を使った麻辣醤を口に含むと、上質な素材のみが発する澄んだ香りが全身を駆け抜け、その後、複雑かつまろやかな旨みが口中に広がった。「食在広州味在四川(食は広州にあり、味は四川にあり)」との言があるが、それを体現するホテル中華の雄である。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo