• PR
  • 今年も開催!!『TOKYO Sparkling Fes』で世界中の泡をハシゴ酒!

    TOKYO
    Sparkling Fes 2015
    7.1-8.31 2015

    自他ともに認める泡好きなら、今夜はハシゴ、ハシゴですべての泡を完全制覇したい!

    夏になると泡ものが恋しくなるのは、打ち上げ花火に興じるに似たり。火の粉だろうが泡だろうが、パチパチと弾ける様は気分爽快、涼感を誘う。花火のない夏がないように、泡なしの夏なんて考えられない。そんな根っからの泡好きにとって、夢のようなイベントが「TOKYO Sparkling Fes」だ。今年は世界各国の8生産者から全部で40種類の“泡”をご用意。

    ボトルでの提供が多いシャンパーニュやスパークリングワインを、フェス参加店なら40種の何れかがグラスで楽しめる。和火のごとくしとやかなプロセッコもあれば、スターマインのようにゴージャスなシャンパーニュも。フェス参加店を“ハシゴ泡”はいかが?

    TOKYO Sparkling Fesとは?

    開催期間は7月1日(水)から8月31 日(月)まで。東京都内を中心とした、首都圏全域のレストランやバーなどおよそ500 店が参加予定。

    参加店舗・イベント情報はこちら(wine-link.net/tokyo-spafes/

    北イタリアのシャルドネが生み出すエレガントな風味。瓶内二次発酵の本格的スプマンテで、必飲の価値ある理想的な泡

    3年もの長期瓶熟成が醸し出す、キメ細かな泡立ちと複雑なフレーバー。澱との接触面積を考慮した、平らな側面のボトルも斬新だ

    泡の王様、シャンパーニュ。しかも2007 年のミレジメだ。シャルドネの一番搾りのみ用いたブラン・ド・ブランはエレガンスの極み

    南米における泡もの造りのパイオニア。しかもチリ国内ではシェア65% を占めるナンバー1ブランドだ。新鮮でふくよかな風味

    ネルソン・マンデラやバラク・オバマの大統領就任式で選ばれた、輝かしい実績をもつ南アの泡もの。バランスのとれた爽快な味わい

    泡もの優等生のカバの中でも、とくにバランスの良いブランドがモンサラ。3つの地品種が織りなす独特のフレーバーが心地よし

    オーストラリアのニューカマーながら安定感のある泡もの。爽やかな香りと軽やかですっきりした味わいは、最初の一杯に最適だ

    桃のカクテル、ベリーニのベースとして知られるプロセッコ。ほんのり甘みを残したエクストラドライな味わいが、食欲をそそる

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ