日比谷花壇がプロデュースする薔薇のスイーツに釘付け!

最近、食べられる花「エディブルフラワー」が人気らしい。食用菊や、スミレの砂糖漬けなど、食べられる花は昔から存在していたが、今「花」が華麗に劇的に進化を遂げている。酸味や甘み、食感が楽しめるだけではなく、物によっては、野菜よりも栄養豊富な健康食だというから、女性が注目するのも頷ける。2015年にわかにブームの予感の「エディブルフラワー」を使ったスイーツをご紹介!

「花咲くローズロール」¥3,132(税込)甘さは控えめで、ローズの味と香りが楽しめる。

餅は餅屋というならば、花を使ったスイーツは花屋が本命か。

一流フローリストの『日比谷花壇』では、「もっと、花を五感で感じて欲しい」という思いから、花を感じるスイーツ作りに着手、スイーツブランド「HIBIYA-KADAN SWEETS」が誕生した。

花のプロフェッショナルが選んだのは、奥出雲(島根県)のオリジナル品種のバラ“さ姫(さひめ)”。“さ姫”が最も香り高くなる早朝のわずかな時間を狙い、ひとつひとつ手摘みし、収穫されたバラを素早く冷凍、香りを閉じ込める。

朝摘みローズの「香り」を閉じ込めた「花咲くローズロール」は、日比谷花壇オリジナルの“さ姫”ローズの花びらを散りばめた贅沢ロールケーキ。

「花咲くローズエクレア」¥2,808(税込)

口の中で広がる”さ姫”ローズの香りに驚くはず。凛とした気品のある香りは、芳香剤のような香りとは全く異なる、バラ本来の上質で豊かな香り。
ローズウォーターの入ったクリームは、”さ姫”の自然の香りを楽しめます。

「花咲くローズエクレア」2,808円(税込)は、”さ姫”と様々な香りが出会って生まれた新しい花咲くスイーツ。

「香りの草原」をイメージしたパッケージを開けると そこには、草原に咲く花々のようなエクレアたち。「アップル」「チョコ」「ピスタチオ」「レモンティー」など、”さ姫”の香りとこれらの香りが引き立てあう。

「花咲くローズマカロン」¥2,160(税込)

ほんのりピンクに染まる「マカロン」もただものではない。

フィリングに“さ姫”ローズの花びらを使用している。調理する際に花びらを細かく刻み、ホワイトチョコベースのガナッシュに練りこんでいく。一口食べると、口の中は豊かで上質な“さ姫”の香り包まれる。

それぞれ専用のギフトボックスがつく。美しいボックスに包まれたスイーツは、プレゼントにも最適。

「忘れられない薔薇を作る」を合言葉に、約10年かけて奥出雲薔薇園が生み出したバラ"さ姫"。

好評につき、hibiyakadan.comでの「花咲くローズエクレア」の6月お届け分の注文受付終了。次回注文受付再開は7月上旬予定とのこと。日比谷花壇 日比谷公園店では、数量限定で注文受付中とのこと。

すべて手作りで数量限定のため、注文後お届けまでにしばらく時間がかかるが、"さ姫"が生み出す独特の強い香りと深紅の色が溶け込む「HIBIYA-KADAN SWEETS」の本物のお花のスイーツ、ぜひ堪能してみてほしい。


hibiyakadan.com
日比谷花壇 日比谷公園店

【東カレ3つの緊急企画!募集期間:2015.6.1-6.14】

以下3つの企画を実施中です。
ご回答いただいた内容を記事で発表します。ふるってご参加ください。

①:東カレ夏のインスタ選手権開催中!#東カレ投稿で肉があたる!?
②:あなたの好きな焼肉屋、教えてください
③:あなたの好きなステーキハウス、教えてください


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ