初夏に行きたいカフェ特集 Vol.1

ハンバーガー好きが最後に行きつくバーガー屋3選

夏はもうすぐそこ!こんな時のランチは、カフェでハンバーガーをほおばって、午後の活力にしよう!大根おろしのさっぱり系もあれば変わりダネの豚肉バーガーも。貴方のお好みはどれ?

ダブルチーズバーガー ¥1,600 ヨコ9cm × タテ9cm 370g

専門店ならではのハーモニー!『バーガーマニア』

恵比寿

多くのハンバーガー好きの支持を集める人気ショップがこちら。

この店の入門編としておすすめしたいのが、トロ~リとろけるチーズと、国産牛のウチモモ肉を使用した量感たっぷりのパティが絶妙なハーモニーを奏でるダブルチーズバーガー。

天然酵母を使用した蜂屋のバンズは甘くてもっちり。水にさらしてから1枚1枚うす皮をとりのぞくスライスオニオン、フレッシュなトマトやレタスは肉の旨みを引き立てるために欠かせない存在だ。

自然光が差し込む店内は夏には扉を開放するため、オープンエアーで気持ちのいい時間を過ごせる。4~6種そろうクラフトビールと共に、その力強い味わいをじっくりと堪能したい。

鬼おろしそバーガー タテ13.4cm × ヨコ 10.3cm 333g

ヘルシーな和風バーガー『ハラカラ。』

三軒茶屋

有名ハンバーガーショップで修業した後、『ハラカラ。』をオープンさせた店主が目指すのは「大人のためのヘルシーバーガー専門店」。

身体にやさしく、毎日食べても飽きのこない味を、と熟考した結果、誕生したのが鬼おろしそバーガーだ。調味料は天日塩と黒胡椒のみ。50度洗いを徹底した野菜と、たっぷり入った鬼おろし、熟成プレミアムビーフのコンビネーションは洗練の極みだ。

凝縮された旨みとボリューム感がありながら、完食しても胃袋は軽やか。「肉もイイけど野菜もネ♥」な気分に応えてくれるバーガー。一度食べればヤミツキになるはず!

他にもサンドウィッチや世界のビールなども充実。何度も再訪したくなる店だ。

サラダ、フレンチフライ、グラスワインもOKなドリンク付きのセット

炭火焼き“豚”バーガー『Porc Stock』

東十条

ハンバーガーは牛肉パティだけじゃない!そう気付かせてくれたのは『ポークストック』の豚肉バーガーだ。このハンバーガーは、ただ牛肉を豚肉に変えたのではない。

店主諸橋新之助さんは、鹿児島の雄大な自然の中で、完全放牧された四元豚である肝付完全放牧豚に出合い、その素晴らしさを伝えようと店を開いた人である。口をあんぐり開けて齧りつけば、豚肉の優しい旨みがあふれ出て、そこに豚肉特有の甘い肉の香りが弾けていく。

豚肉の穏やかな旨みを生かすよう、バンズは味を抑えて作り、ケチャップも淡く、品のある味わいに仕上げてある。すべてが、豚肉の良さを生かすため作られているため、余計な見栄や、過剰な旨みがない。

豚肉への愛情が込められたバーガーは、すっきりと、健やかな旨みの余韻だけを残して、我々を幸せにしてくれる。

【緊急アンケートを実施中!】(募集期間:2016.5.19~2016.5.25)
■東京カレンダー読者の好きなお酒事情!回答はこちら


東カレアプリダウンロードはこちら >

【初夏に行きたいカフェ特集】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ