ワン!ダフルレストラン~愛犬と一緒に本格ディナー~ Vol.1

100kg越えの犬と本格フレンチに入店してみた

東京会館のフレンチでメインシェフを20年務めたシェフがオープンした、犬何匹でもOKの下町フレンチの名店『グランディール』驚愕のコスパでリピート間違い無しのドッグ・フレンチ!!

東カレがお薦めする『ワン!ダフルレストラン』は、以下の条件を満たすお店たち。

①犬関係なく、とにかく食事が美味しい
②外ではなく店内で食事ができる

美食で鳴らすかつお氏をお招きし、都内の『ワン!ダフルレストラン』を求めるこの連載、第1回は愛犬家の口コミで大変な評判を集めている大注目のお店。

東カレ専属グルメ犬の『かつお』氏(バーニーズマウンテンドッグ・2歳・50kg)。母国スイスの食のバリエーションに限界を感じ東京へ。どんな美食も2秒で丸飲みするテイスティングには定評がある。

今日のレストラン:グランディール(堀切)

愛犬家にはたまらない広々した席間を誇る店内。ゴールデンやラブなどの大型犬連れのお客様も多数。いつも隣のワンちゃんに大興奮してしまう微妙なしつけのあなたの愛犬も、これなら安心。

『東京會舘』にて修業を積んだ藤田真義シェフが、2012年に自宅を改装して開業。犬好きが高じて、犬と一緒に食べられるフレンチレストランとなった。

何匹でも愛犬を連れて食事ができる気軽さと、目玉のフレッシュフォアグラをふんだんに使った料理に、千葉、埼玉、そして遠くは浜松からの常連のお客さまも通い詰める大注目のお店。
そしてそのお値段は驚くほどリーズナブル!

その実力を拝見とばかりにかつお氏は盟友小次郎(バーニーズマウンテンドッグ・4歳・55kg)を連れて、合計100kg越えの2頭でお食事へ!

入店

「ボンジュール」。入店すると早速看板犬のバニラ(柴犬・8か月)が出迎えてくれる。

予約を告げたかつお氏に対するバニラの入念なチェックが行われる。

着席

実食(毎月変わるコースより。こちらは3月のメニュー)

2頭合計100kgオーバーながらも、十分ゆったりできる店内にかつお氏(左)は既にご満悦の表情。そして小次郎氏(右)はもはや人よりデカい状態で着座してスタンバイ。

乾杯は一緒に行われる

そして運ばれてくる料理に全神経を集中させるかつお氏たち

その厨房を見据える目は、どこまでも鋭い

1品目 「合鴨の胸肉のロースト オレンジソースがけ」

オードブルは、本格的な鴨肉のロースト。柑橘系のソースで、さわやかに頂く。ワインとの相性も抜群。鴨独特の臭みもなく色々な世代の人から愛される逸品だ。

2品目「フォアグラを乗せたステーキ」

シェフのスペシャリテ。フォアグラを大胆に乗せたステーキは思った以上に軽く、あっさり頂ける。『東京會舘』で修業した技術が光る。ちなみに、お店にはフォアグラ丼なる人気メニューも。

それらの料理を食べれないかつお氏は、かなりの苛立ちを見せ始める。

【ワン!ダフルレストラン~愛犬と一緒に本格ディナー~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ