一度は食べたい! あの名店の看板パスタ Vol.5

ビンゴ

Bingo

巧みに旬の素材を操る小林料理の真髄。

穴子と京唐辛子のリングイネ

例えば“牛肉のタリアータ”のような直球勝負のシンプルな料理もあれば、“土筆と白ポレンタのミネストラ”の如く、組み合わせの妙に意表を突かれる旬の味もあり、と、当意即妙な料理の数々でグルマンたちの舌を唸らせる小林料理。

パスタも然りでこの季節メニューに登場する“穴子と京唐辛子のリングイネ”も小林シェフらしいセンスが垣間見える逸品だ。穴子は江戸前の羽田沖産。それも「皮が薄くて身も柔らかい金色に光っている穴子が旨いから」と、名人が釣った穴子を手に入れるため、自ら生麦魚河岸まで買いに行くこだわりようだ。これを軽く燻製にし、京唐辛子と合わせるわけだが、この京唐辛子も一度ローストし、甘みを凝縮させる手間のかけよう。穴子の薫香と京唐辛子の爽快な風味が相まって後を引く美味しさだ。

また、生トマトのフレッシュ感と自家製トマトソースのコクが絶妙に絡み合うトマトソースのパスタも、トマトの味が光るこの季節イチオシのひと皿だ。

内装は気楽さがウリだが料理の味は一級だ

トマトソースのスパゲッティ。料理は¥10,500のコースより。自家製トマトソースと生のトマトを合わせて作るこのパスタはトマトが旬の今が一番旨い


東カレアプリダウンロードはこちら >

【一度は食べたい! あの名店の看板パスタ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ