貴方の香りに恋して Vol.3

カウンター席デートで、28歳女が見抜いた“既婚者の証”。確認してみると衝撃の返答が…

ふとすれ違った人の香りが元彼と同じ香水で、かつての記憶が蘇る…。

貴方は、そんな経験をしたことがあるだろうか?

特定の匂いがある記憶を呼び起こすこと、それをプルースト効果という。

きっと、時には甘く、時にはほろ苦い思い出…。

これは、忘れられない香りの記憶にまつわる、大人の男女のストーリー。

▶前回:夫婦の思い出の香りを、別の女がつけていて…。バリキャリ女が離婚を切り出されたワケ


Vol.3 麻美(28歳)優しく甘い初恋の香り
Diptyque「キャンドルミモザ」


「来年の国際女性デーのトークイベントの仕事、麻美のプレゼンで決まったんだって?おめでとう!」

仕事中パソコン作業をしていたところ、同期の翔太が話しかけてきた。

「ありがとう!しばらく忙しくなりそう」

そう答えて、PCの画面に目を戻す。

私は、表参道にある広告代理店で営業の仕事をしている。

数日前に行われた競合プレゼン。私たちのチームが、他社を抑えて規模の大きな仕事を勝ち取ったばかりだった。

そしてクライアントに送る資料に、2023年3月8日の国際女性デーにちなんでミモザの画像を入れ込んだ瞬間のこと。

ふと、淡く苦い胸の痛みと共に、優しく甘いミモザの香りを思い出した。

― ミモザ…か。真人先輩、元気にしているかな。

真人先輩とは、中学校のサッカー部の2歳上の先輩で、マネージャーだった私の初恋の相手でもある。

近所に住んでいた彼の家の庭に、毎年立派なミモザの花が咲いていたのだ。

「プレゼン資料見せてよ」

翔太の声で我に返ったが、こんなに鮮明に先輩のことを思い出すのは久しぶりだった。

でも、それはまるで、これから起こる何かを予感したような出来事だったのかもしれない。

仕事を終え会社を出て、表参道の交差点で地下鉄へ向かう階段を下りようとしたとき、私は思わず足を止めた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
今妻は妊娠中で里帰りしているからね、大丈夫

全く大丈夫の意味がわからないよ、笑
2022/10/29 05:2199+返信6件
No Name
翔太、いい奴過ぎて😭
仕事とれたお祝い&誕生日プレゼントでイベントにちなんだミモザの香りを選ぶなんて♡
麻美と翔太、お幸せに。
2022/10/29 05:2488返信2件
No Name
翔太のおかげで一生忘れられない誕生日になったね。
しかも、先輩のせいで一瞬悪いイメージになったミモザの香り、翔太の粋なプレゼントで癒されるなんて…
2022/10/29 05:2853
もっと見る ( 30 件 )

【貴方の香りに恋して】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo