アガるのは、ホテルの酒。 Vol.3

ホテルでアガるフリーフロー

ホスピタリティが約束されているホテルのレストランで飲み放題!
中にはドンペリニヨンを出す店も。これでアガらないわけがない!

「飲み放題」や「女子会プラン」というと、街場の居酒屋チェーンの集客手段として定着している。

そもそも居酒屋であれレストランであれ、そこで飲食するという行為は、店側と客との対等な関係があって、その駆け引きが醍醐味なのだから、最初から「さあ、飲めや食べろや」といったサービスを放棄した放置プレーでは、その店の本来の良さを味わえない。原価率の低い料理と特徴のない酒を並べられて、時間内で消費するというのも、どうにもさもしい気がして嫌なのだ。

そんな街場の「飲み放題」スタイルが「フリーフロー」と呼び方を変えて、高級ホテルのバーやレストランに伝播して、たいへんな人気だという。あのパーク ハイアット 東京の『ピークラウンジ』やグランド ハイアット 東京の『マデュロ』などでも、早い時間にシャンパンからワイン、カクテルまでが飲み放題、しかもリーズナブルな値段で楽しめるプランを取り入れて好評だったと聞く。

同じ「飲み放題」でも、最高の雰囲気とホスピタリティが“保証”されているホテルでのそれとなると、話は違う。アリかナシかと問われれば、「アリ」と答えたい。

むしろ限られた時間だからこそ、その場のパフォーマンスを最大限に享受したいものだ。普段なら、二、三杯に留めていたカクテルもワインも、心おきなく飲める。ときには夜景をながめながら、あるいはジャズの生演奏を聴きながら……。こんな贅沢がほかにあるだろうか。

とはいえ、度を越して飲み過ぎる客がときどきいるらしい。それは、マナー違反。ホテルコードをわきまえた客だからこそ、「フリーフロー」というスタイルをクールに使いこなせるというものだ。

フレンチ キッチン
GRAND HYATT TOKYO

ビストロコースと一緒にワイン&デザートが楽しみ放題

シェフお任せの料理とワインのフリーフローが付いた"ビストロ アンド ヴァン"が今季も登場。世界大会で優勝歴をもつパティシエによるデザートを好きなだけオーダーできるブッフェも加わり、女性に嬉しいビストロコースに。8名様以上の予約なら、チャージ無料で個室も利用できる。

マーブルラウンジ
HILTON TOKYO

上質なホテルラウンジをワンプライスで堪能

ヒルトン東京の『マーブルラウンジ』では曜日限定のハッピーアワーを開催。木曜はレバーパテ トスカーナ風などシェフ特製の5種類のカナッペ盛り合わせ、金曜、土曜は5カ国のグルメプレートから選べる1皿とともにワイン、ビール、各種カクテルなどをお好きなだけどうぞ。

※この店舗は、リニューアルをしています。詳しくは下記店舗情報よりご確認ください。
この記事は、リニューアル前の情報です。

タワーズグリル
THE RITZ-CARLTON, TOKYO

休日の昼下がりはドン ペリニヨンで乾杯!

『ザ・リッツ・カールトン東京』創業時からシャンパン愛好家を虜にしているウィークエンド ブランチ。『タワーズグリル』では、前菜、卵料理、メイン、デザートとともにドン ペリニヨンを好きなだけ堪能できる。至高のシャンパーニュを味わいながら、優雅な休日を満喫したい。

ザ・ロビーラウンジ
SHANGRI-LA HOTEL, TOKYO

まばゆい夜景に包まれて優雅なカクテルタイムを

3面の窓からきらめく東京の夜景を望むシャングリ・ラ ホテル 東京の『ザ・ロビーラウンジ』で平日限定の「スパークリングモーメント」を開催。季節のフィンガーフードとともに、赤・白ワインやカクテル、ノンアルコールカクテルをフリーフローで楽しめると好評だ。

シェフズ ライブ キッチン
INTERCONTINENTAL TOKYOBAY

ブッフェスタイルでロゼスパークリングワインを満喫

フレッシュ、ヘルシー、ビューティをコンセプトに、常時50種以上のランチ&ディナーブッフェを提供。「ロゼ スパークリングワイン フリードリンクプラン」では、平日と休日を選ばず、品質に定評のあるロワール産のロゼを90分間楽しめる。優雅なひとときを過ごしたい。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【アガるのは、ホテルの酒。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ