カレと結婚して大丈夫? Vol.8

婚活仲間からイチ抜けした29歳女。婚約報告の場で彼女たちから言われた、モヤっとする一言

結婚前の、男女の葛藤。

「本当にこの人と結婚していいの?」

大好きなはずなのに、幸せなはずなのに…。そんな想いとは裏腹に、不安は募るばかり。

カレンダーを見ると“結婚予定日”まで残りわずか。そんなタイミングで発覚した、改姓トラブルや妊娠・出産に関するアレコレ…。

2人は無事に危機を乗り越え、幸せな結婚を迎えられる?

◆これまでのあらすじ

歯科衛生士の仕事を続けながら、WEBライターにも挑戦することを決めた桃香。副業をキッカケに2人の仲がギクシャクするも、無事に仲直りし結婚に向けて歩みを進めていた。

そんなある日。桃香は久しぶりに会った学生時代の友人たちに、結婚を祝福してもらっていたのだが…?

▶前回:いきなりキレだした彼氏が、部屋を飛び出して…。“空白の4時間”を過ごしていた、まさかの場所


「桃香、おめでとう。まさか、このコロナ禍で結婚相手が見つかるなんてね」
「本当に良かったじゃん!彼のお名前は?どんな仕事してるの?」

ある休日の午後。

学生時代の友人である芙美、絢と『ザ・カフェ by アマン』のアフタヌーンティーへやって来た桃香は、ついに婚約をしたことを2人に報告していた。

桃香にとって彼女たちは、歯科衛生士の資格をとるために切磋琢磨しながら勉強に励んだ仲間だ。そして社会人になってからは、婚活で苦楽をともにしてきた。

まるで自分のことのように喜んでくれる2人に、桃香も感激してしまう。…だが、次の瞬間。

芙美が何気なく口にした言葉に、桃香はなんだかモヤっとしてしまったのだ。

「アプリや食事会にさんざん時間を費やしたけど、結局は幼なじみと結婚だなんて、なんかロマンチックでいいな~。それじゃあ桃香は、これからは雨宮じゃなくて日向さんなんだね」

「うーん、そうだね…」

とっさにそう反応したものの、芙美がさも当たり前かのように「女が改姓する」と思っていることに、桃香は違和感を覚えたのだ。

― どうして、みんなはそんな簡単に今後の姓を決められるの?

【カレと結婚して大丈夫?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo