世界のソウルフード Vol.5

FASTFOOD
伝統と革新のご当地ファストフード Part1

ここでは日本でいうオニギリのような、国民的お手軽料理に注目。
美味しそうな具材とともに、さまざまな歴史が詰まっていた。

ラカシータ

LA CASITA

【メキシコ】タコス
トルティージャに多彩な具材。日本でも定番のメキシカン料理

トウモロコシを粉末状にして作るインディオの伝統的な生地がベース。唐辛子風味の「サルサ」が味の決め手に。¥720 ~

ミ・チョリパン

Mi Choripan

【アルゼンチン】チョリパン
ハンバーガーを彷彿とさせる、肉々しいサンドイッチ

スペインのチョリソーから発展したアルゼンチン全土で愛される国民食。ゴロゴロとしたミンチ肉の食感がたまらない。¥1,000

クスクス

COUS COUS

【チュニジア】ブリック
半熟の黄身がトロリと溢れる、卵とじゃがいもの包み揚げ

スパイシーな揚げ春巻き。かぶりつくと半熟卵があふれ出る。綺麗に食べられないとお嫁に行けないとさえ言われる定番料理。¥700


東カレアプリダウンロードはこちら >

【世界のソウルフード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ