男と女の答えあわせ【A】 Vol.55

「彼女、こんなコトしてくれるなんて最高かも…」男を虜にした、女が家でやっていたある行動

A2:普段の生活のなかで、結婚生活がちゃんと想像できた。


無事に交際に発展したが、僕の仕事がマスコミ関連で不規則のため、予定を立てられないことが多かった。

スケジュールが読めないので、一緒にご飯が食べられそうな日は早めに連絡をして梓の家へ。それ以外は、僕の家に彼女が来る、というのが暗黙のルールのようになっていた。

そんななか、毎回梓の家に行くたびに感心したことがある。

いつ行っても、彼女の家はとても綺麗だ。

部屋の隅々まできちんと整理整頓されており、床もピカピカ。季節の花が飾られており、丁寧に暮らしていることが伝わってくる家だった。

— すごく、ちゃんとしている子なんだなぁ。

家は、住んでいる人の人間性がよく出ると思う。梓の家からは生活力がしっかり垣間見えた。

そのうえ、彼女は料理も上手だったのだ。


「あぁ〜うまい。梓の作るご飯は、本当に美味しいね」
「褒めてもらえると嬉しいなぁ」
「本当に美味しいよ。梓、天才」

突然家に行くことも多かったのに、いつでも梓は美味しいご飯を作ってくれる。しかも僕好みの味付けで、梓の料理を食べると1日の疲れも吹き飛んだ。

それに加えて、僕が結婚を決めた理由は梓の性格にもあった。

「それは褒めすぎでしょ(笑)そういえば、来週末も忙しいんだっけ?観たい映画があったんだけど…」

— あぁ今週も会えそうにないな…。梓、怒るかな。

社会人になってから交際してきた彼女たちは、ほぼ全員が、僕のスケジュールに付き合うことに疲れ、怒って別れることが多かった。

「来週かぁ。たぶん行けるけど、まだ確定できないかも…ごめん」

けれども梓は”仕事だから“と文句も言わず、合わせてくれるのだ。

「仕事だもんね、仕方ない」
「でも、分かり次第すぐに連絡するよ」
「うん。でも無理はしなくていいよ。もし直輝が行けないなら、女友達を誘うか、それか一人で観に行こうかなと思って」

一緒にいるときは居心地の良い空間を作ってくれるのに、べったり依存することはない。適度に突き放してくれて、仕事への理解もある。

「そっちのほうが確実かも。で、何の映画を観るの?」
「私の大好きな、ゾンビ系の映画」
「いや…それはマジでひとりで行ってくれ…」
「だよね(笑)」

二人で、笑いながら囲む食卓。

— 結婚したら、楽しいだろうな。

日々の暮らしの中で、彼女と結婚したら絶対に幸せだろうな、というのが容易に想像できた。

だから僕は、この幸せな日々が永遠に続きますようにと願いを込めて、結婚を申し込むことにしたのだ。


予定より少し早く思いを伝えることになったが、「放っておいたら誰かに取られてしまうかも…」という不安がよぎったことも大きい。

男は単純なので、好きな人がモテるのは嬉しいけれど、あまりにもオープンに他の男性とたくさん出会えるような場所へ、積極的に出かけられる状況は嫌である。

梓はステディな人がいる時はそういう場へ出向くタイプでもないし、非常に貴重な存在だと思ったのだ。

こんなにも理解力があって生活がちゃんとしている子は、なかなか出会えない。

— 出会えてラッキー。

心底、そう思った。


▶【Q】はこちら:交際期間、約8ヶ月でゴールイン。男にすんなりと結婚を決意させた、女の行動とは

▶NEXT:4月24日 土曜更新予定
ゆるふわ女の結婚に対する執念

東レデート詳細はこちら >



【東カレユーザーの休日事情を緊急アンケート!】
コロナ禍で、生活様式が大きく変化した一年。
食事や趣味などについて、
貴方の休日の過ごし方をお聞かせください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/OZ71A7QL

【男と女の答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo