懐かしくって最強に美味しい、大人がハマる極上ハンバーグ!広尾に潜む和食の名店へ


いくつになってもなぜか心が躍る、みんな大好きな“ハンバーグ”。

それを、厳選した阿波牛のいちぼで作り、目玉焼きとトリュフと照り焼きソースで仕上げると…!

定番メニューを究極の一皿に仕上げ、大人を虜にしている名店をご紹介しよう。

カウンター席の他、テーブル席も用意

閑静なエリアに佇む広尾の名店
気軽に楽しむ和食こそ至極の癒し

広尾駅から少し離れた閑静なエリアに佇む和食店『美寿』

店主・笠井俊勝氏の地元である徳島県の食材を使用した料理をメインに、季節ごとに表情を変えていく品々で訪れる人を出迎える人気店だ。

和食店とは言っても、肩肘張らずに楽しめるのも同店の魅力。

「友だちの家に遊びに来るくらい気軽に来店して欲しい」という笠井氏の想いが込められている。

「お造り」

コースで楽しむ季節の味わい

料理はコースでの利用が多いが、アラカルトでのオーダーも可能。この日は「6,000円コース」の中から、3品を用意いただいた。

コースは阿波牛のしゃぶしゃぶなど、季節ごとに変化するお椀料理でお腹を温めた後、前菜、お造りと続く。

この日のお造りは、大間のマグロ(中とろ)と、北海道産のボタン海老。

脇に添えられるワカメは徳島県産のものを使用。

もちろん徳島県産の鯛や平目が仕入れられた日には、お造りとして提供しているという。

「山菜の天ぷら」

逸品料理からは「山菜の天ぷら」が登場。

行者ニンニク、ウド、筍、蕗の薹など山菜を使用した天ぷらは、季節によって使用する食材も変わる。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

「黒毛阿波牛 いちぼハンバーグ」※コースの場合+1,300円

究極のハンバーグと呼ぶにふさわしい
極上の一皿がここにある!

炭火焼メニューからぜひ選んで欲しいのが、名物「黒毛阿波牛 いちぼハンバーグ」だ。

厳選した黒毛阿波牛の、赤身だが程よくサシが入るいちぼを、塊で仕入れて包丁で叩いていく。

この工程が美味しさのポイントのひとつ。

卵や小麦粉、パン粉などのつなぎも使用せず、玉ねぎと肉、塩こしょうのみで作られるハンバーグは、阿波牛の味わいをしっかりと感じさせてくれる。

日によって変化する付け合わせも美味。この日は「茄子とパプリカの揚げ浸し」

食欲をそそるビジュアルも魅力。

ハンバーグの下にはマッシュポテト、上には目玉焼き、そしてたっぷりとかかるてり焼きソース。

卵との相性のいいトリュフがかかり、ふわりといい香りが漂ってくる。

日本人が愛し続ける〝ハンバーグ″という料理を、極限まで美味しさを突き詰めた果てに、笠井氏が辿り着いた一皿は、食べる人を唸らせ、虜にする。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo