佐々木ケイの 「局地的、ケイ散歩」 Vol.5

大崎百反通り

再開発が進むビル街に隠れた
時を分ける商店街を歩く

山手線に埼京線、湘南新宿ラインにりんかい線と複数の電車が乗り入れ、大きなオフィスビルや商業施設が駅を囲む大崎。改札から連絡通路でビルからビルへ、そこで見る風景はまさに子供の頃思い描いた未来都市!(古い?)「どこで散歩するの?」とお思いでしょうが、ちゃんとありました、駅のそばに楽しい通りが。

戸越銀座方面へ向かう百反通りは、路地を入ればすぐ古くからの住宅街に。にょきにょきと増え続けるビル群と、狭い路地に木造家屋が連なる昭和な住宅街を隔てる時代の分かれ道のような通りです。

天ぷら割烹『一心亭』は界隈の有名店。木造の建物の1階で35年続いたこの店ですが、7月に通りの反対側(未来側!)に移転しリニューアルするとのこと。変わりゆく町で歴史ある店が形を変えて続いていく。素敵じゃありませんか。

『もんてく』は12年前、まだ何もなかった大崎に惚れ込んだご主人が開いた居酒屋で、深夜は老若の地元客で賑わいます。

イタリアワインが気軽に楽しめる『ヴィーノロマンティカ』のような新店もちらほら。古い店が残りつつ個人店出店の余地もまだまだありそう。イケ酒場が増えて、もっともっと元気になるといいなあ。

テンプラカッポウ イッシンテイ

天ぷら割烹 一心亭

大崎の「隠れた名店」といわれるこちら。江戸前の天ぷらがリーズナブルに楽しめ、調理場に立つご主人とサービスをする奥様の阿吽の呼吸も心地いい。7月に開く予定の新店では、修業に出ていた息子さんも一緒に店に立つ。天ぷら以外にすっぽん料理も評判。夜コース¥5,250~、天ぷら、天重は¥1,575~。

モンテク

もんてく

カウンター中心の店で、早い時間は界隈のサラリーマン、遅い時間はご近所の常連が集う。元はバーと思って始めた店だというが、お客さんの要望に応えるうちに食事メニューが増え続け、いつのまにかそれらが名物に。じわり汗が出る辛さの焼きチーズカレー¥850やカレーカツサンド¥1,000などが人気。

ヴィーノロマンティカ

vino romantica

2011年にオープンしたワインバー。シチリアを中心としたイタリアワインがグラスで常時約10種、¥600~ 1,600で楽しめる。自家製のサルシッチャや牛もつ赤ワイン煮込みなどワインに合うつまみも充実。ふらりと立ち寄るなら1階のカウンターへ、ゆっくり食事をするなら2階のテーブル席へ。

●ささきけい
レストラン取材を中心に活動するライター。飲食店や料理人の取材は年間200件以上。肉好き、酒好き。一応JSA認定ワインエキスパート。美食エリアを探し日々、徘徊中。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【佐々木ケイの 「局地的、ケイ散歩」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ