乗れるものなら、玉の輿 Vol.5

「特別な存在だから…?」気軽に“サシ飲み”に誘ってくるアラサー男子の本音

「お金より愛が大事」と口ではいくら言っていても…。

「やっぱり、玉の輿に乗りたい」と思っている女は一定数いる。

大手通信会社で働く“玉の輿”狙いの小春(25)と、“女なんて金でどうにでもなる”と思っている会社経営者・恭介(32)との恋愛攻防戦。

◆これまでのあらすじ
小春とのドライブデート後、自分の部屋に呼びいい雰囲気になる。手を出すことなく家に帰らせたものの、小春からの連絡が途切れ不安になっていた恭介だったが…

▶前回:“上下バラバラの下着”で、勝負デートに臨む女の本音。彼女が男に期待することとは


恭介:ランニング中に遭遇した初恋の人


「やっぱり、このコーヒーうまいな…」

思わず声が出てしまった、日曜の朝。

恭介の1日は、デロンギの全自動コーヒーマシンでエスプレッソを飲むことから始まる。

同じメーカーから出ている「エボリューション」というアラビカ100%の豆を定期的に購入しているのだが、これがなかなか美味しい。

― エボリューションか…。

思春期に突入した頃に流行った歌手の曲を、ふと思い出す。

コーヒーを飲み終えた恭介は、その曲を口ずさみながらランニングウェアに着替える。そして、Apple Musicでその曲を検索しながら部屋を出てエントランスに向かった。

曲の始まりとともにマンションを出て走り出すと、爽快感が身体を駆け巡る。

― そういえば、小春は邦楽が好きだと言ってたっけ。

恭介は、走りながら先週末の初デートの日のことを思い出していた。


ドライブデートの後、恭介の家にノコノコとついてきた小春だったが、その後パタリと連絡が途絶えた。気になってはいたが、どうせ軽い女だと思われるのが嫌だとかいう女心なんだろう、と推測していた。

小春に探りを入れるために、四ツ谷にある高級寿司に誘うLINEを一昨日送ったらすぐに食らいついてきた。

結局、高級寿司に釣られるその辺の女と一緒だったのかと思うと、自分から誘ったくせに、恭介は少しだけ寂しい気持ちになっていたのだった。

大木戸坂下の交差点の信号待ちで脚のストレッチを始めた、その時だった。

「あれ、恭ちゃん…?」

懐かしい声がして、声のする方を振り向く。

【乗れるものなら、玉の輿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo